地元民が決めた!富山人気カフェランキン7選

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


おしゃれさんならみんなカフェが大好きなはず。

ぼくもカフェが大好きで、お腹が弱いのに、コーヒーを飲んではお腹をくだしています。

その結果、富山のあらゆるトイレを把握してしまうスキルを身に付けました。

このスキルは、きっと就活で有利に働くでしょう。

絶対行きたい!富山のおしゃれなカフェべスト7!

本日は、「永久保存版!富山のオシャレなカフェまとめ」から僕の独断と偏見で、富山のお勧めカフェべスト7を発表したいと思います。




どうぞ!!!

スポンサードリンク

7位.コーナーカフェ
DPP_2691

富山大学近くにある呉羽にお店を構える「コーナーカフェ」

あの安室奈美恵も富山にコンサートに来たとき訪れたというカフェだ!


店内は、西洋アンティークで占められており、なぜかソファに、蝶ネクタイだけして、あとは全裸のクマのぬいぐるみがいる。

DPP_2696

料理はと言うと、パンケーキを押しており、デザートとドリンクが充実している。

お客さんに女性が多いこともあり、基本的に甘いです。


もう、来るだけで楽しいよここ。

デートでもすごい女性は喜ぶんじゃないでしょうか?




6位.「CALMET」
DPP_1081

立山町にある雑貨屋&カフェ「CALMET」

一見、何のお店なのかはわかりません。


破るのがもったいないコーヒーシュガーはCALMETのこだわり。

DPP_1075

お店の細部まで、オーナーのこだわりを感じて、すごく居心地が良い。

自分の望み通りのお店にできたのだと思う。

それくらい素晴らしい空間だ。


遠方から来ても損はしないだろう。




5位.「cafe meso」
DPP_1010

射水市の小杉駅近くにお店を構える「cafe MESO」

外観は、昭和のレトロ感を出している。

そんなチェック色の建物のドアを開けると、今度は、黄、赤、緑の店内が!


まるで異次元やでぇ!

和風、不思議の国のアリスやでぇ!

DPP_1012

おー。。。和みますなぁ。。。

ほうじ茶はやっぱりはんなりしてはりますなぁ。。。




4位.「ダックスファーム」
DPP_0348

入善にアヒルと戯れることができる変わったカフェがあると聞いた。

なぜアヒル・・・


オーナーによると、「だいたいガチョウですよ。」とのこと。

・・・アヒルだけじゃないんかい!

DPP_0347

年齢層はちょっと高めのカフェであったが、漫画とかアヒルとかがいるので老若男女楽しめるカフェだ。

居てて楽しいです。




3位.「絲Cafe」
DPP_1509

富山県立図書館の前にお店を構える「絲カフェ」(イトカフェ)


富山大学からも近く、可愛い女子大生御用達にちがいない。

お客さんは、やはり女性層が多かった。

女性はやっぱり、オシャレなお店には目がないんですね。

DPP_1506

写真でもわかるように、どうみても美味しいです。

ゆっくり読書とか楽しめます。




2位.「uchikawa六角堂」
DPP_2344

射水市に、珍しく2回も「角切り」をされた、六角形の畳屋さんがあった。

その畳屋さんは、築70年ほどで住む主人を失ってからすでに5年が過ぎようとしていた。


そして、壊されるだろうその建物をなんとカフェに大変身!!!

しかも、超オシャレ!!!

DPP_2349

サンドウィッチが美味しくて、とても優雅な時間を過ごせること間違いなし!

行って、絶対後悔しないカフェでしょう。




1位.「パティスリージラフ」
DPP_0030

富山市にある「パティスリージラフ」


もう最高に美味しいです。

そんでもって、この高級感あふれる雰囲気

メインはチョコレートケーキで素材としてのチョコレートは、コーヒー、茶葉、ワイン、シガーのように品種や産地、製造過程によって全く違う物だそうな。

DPP_0025

読書とかする雰囲気ではないけど、デートでは絶対に行きたい場所1位でしょう。

デートで来たことがないぼくが言うと説得力がありませんが。




-shared-img-thumb-CAFEonnnanoko15212650_TP_V

参考になりましたか?

他にも、「女子会で行きたい可愛くてオシャレなカフェベスト7」もあります。

また、「永久保存版!富山のオシャレなカフェまとめ」から自分で、お気に入りのカフェを見つけるのもいいでしょう。

みなさんもぼくと一緒に、ぜひオシャレなカフェ生活を楽しみましょう!!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る