ノスタルジックな小さな箱「TANE flower&plants workroom」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


今回は、ある小さなお花屋さんに行こうと思います。

なんと、そこには妖精が住むくらい可愛らしく小さなお花屋さんだという。

ぼくも一歩間違えれば妖精だったので、ぜひそこに行きたいと思います。

DPP_0012

その花屋が「TANE flower&plants workroom」

どう間違えれば妖精になるのか、疑問だが、外観はそれはもう可愛い感じです。


それでは、早速、妖精がごとくお店に入ろうと思います。

スポンサードリンク

入口付近には、たくさんの花束があり、強調するでもなく品のある女性のように佇んでいた。

ひとつひとつとても綺麗な花たちが出迎えてくれる。

DPP_0011

いやー可愛いですねぇ。

ぼくがもし妖精であったなら、テンションが上がり過ぎて、何かよくわからない粉をばらまいているところです。

DPP_0014

店内はというと、たくさんの植物と雑貨に溢れていた。

こんなにモノがたくさんあるのに、なぜか素敵な雰囲気をかもしだしている・・・。

いや、モノと植物が見事に調和しているといっていい。


これは、どこかに絶対妖精が隠れています。

バケツの中とか電気の中とかぼくのお尻の中とかにいそうですね。

DPP_0015

店内でも、いろんな雑貨があり、小さな宝探しをしているような気分になる。

これはきっと妖精さんが使う小物たちですね。

つまり、ぼくにぴったりの小物ということになります。


まるで中世ヨーロッパの世界に潜り込んだようだ。

DPP_0009

そんでここでは、なんとセミオーダーで手作りのランプシェードが作れる。

ガラスやコードも自分の思い通りに、オリジナルランプシェードを作ってみるのもいい。


つまり、妖精の家にぴったりのランプが完成します。

DPP_0016

「TANE flower&plants workroom」では可愛い食べ物も売られており、季節に応じてチョコやジャムなどが置いてある。


あまりに可愛いので、友達や奥さん、不倫相手へのプレゼントとしても使えること間違いなし!

こういうナチュラルなモノって女性は好きですよね。

DPP_0007

ちなみに、メインのお仕事は、様々なイベントに合った花束を作ること。

もちろん、結婚式のウェルカムボードやブーケなども作っている。

また、月に一度、花と緑と雑貨を組み合わせたアレンジを体験できるなど、イベントごともひっそりやっている。


ひっそりやっているところがまた、可愛いですね。

DPP_0010

小さくて可愛く、ノスタルジックで、どこか違う世界に迷い込んだような

そんな妖精体験をしに足を運んでみてください!


ぼくもあたかも自分が妖精かと錯覚してしまいました。(てへっ❤)


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県富山市太郎丸本町4-3-2
TEL 076-493-1518
OPEN 10:00~19:00
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る