パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

【BUTAMAJIN ブタマジン】チーズと絡み合うランチが最高!




肉をチーズで絡ませたいっ!!!





いきなり願望ダダ漏れになってしまいましたが、サンソンの満腹放浪記のお時間ですよー!
巷で話題の、肉にチーズを絡ませる「チーズダッカルビ」を皆さんご存知でしょうか?焼肉だけでもおいしいのに、そこにチーズを絡めるだなんてっ!想像しただけでたまらんですわっ!
チーズと濃厚に絡みたいという願望を叶えるべくやって来たのは、富山市根塚にある「BUTAMAJJIN」です。

目次


1. BUTAMAJINとは
2.場所
3.営業日
4.行ってきた
    4.1.ランチ
5.まとめ



1. BUTAMAJIN とは


画像引用 「BUTAMAJIN 」より

お肉の部位や産地、食べ方までにこだわった、今までにない豚焼き肉という新しいジャンルのBUTAMAJIN 。
2名から利用できるので、デートや家族で・女子会や大人数の宴会など様々なシーンでも使えるお店です。




2.場所

住所
富山県富山市新根塚町1-1-62

電車の場合
安野屋駅から徒歩16分

車の場合
富山駅から車で10分

BBT近くのナポレオンビルの向かいにあります!車で通り過ぎ注意だよ!(サンソンは通り過ぎました)




3.営業日

月〜水・金
ランチ 11:30-14:30(LO14:00)
ディナー 18:00-22:30(LO22:00)


土・日
ランチ 11:30-15:30(LO15:00)
ディナー 17:00-22:30(LO22:00)




4.行ってきた




BUTAMAJINって漢字変換すると豚魔人?魔人ブー?
食べ放題という言葉にオラ、ワクワクしてきたぞっ!





店内は、カフェかと思うぐらいオシャレ空間です。天下一肉道会が行われる場所とは思えない!(天下一武道会をパロってごめんなさい鳥山明先生&BUTAMAJINさん)





ディスプレイもオシャレで、女子会やデートにもピッタリな場所ですね。負けられない戦いがそこにあろうがなかろうが、オシャレな雰囲気は女子会にはマストですから!


4.1.ランチ




ランチメニューで注文したのが「石焼きチーズテジカルビ」
いきなり天下一肉道会の決勝のようなメンツです。

細かく説明すると、BUTAMAJINの定番メニュー「カルメギサル食べ放題ランチ」に、特製とろとろチーズ&特製タレ和えテジ野菜のついた「石焼きチーズテジカルセット」をプラス¥400で注文すると、チーズと絡み合いたい願望が叶うというわけです。





そもそも「カルメギサル」っていうのは、韓国語で「豚ハラミ」という意味だそうです。BUTAMAJINのカルメキザル食べ放題ランチには、ライス・キムチ・巻き野菜・スープ・ドリンクが付いてきます。ライスおかわり無料なのはもちろんですが、最初にオーダーしたドリンクメニューに限り飲み放題!
焼肉系って喉乾くからこれはありがたや、ありがたや。しかもドリンクメニューに赤ワイン白ワインまであるのには驚きっ!





ちなみにカルメギサル食べ放題ランチのスープをプラス¥500でスンドゥブに変更可能です。魚介の旨味と辛味のハーモニーが大好きっ!





さぁ、さっそくカルギサルを焼いていきます。いい音で鳴いてやがるぜっ!





肉がいい感じに焼けたら、石焼き鍋でとろ〜っとさせたチーズに絡めます。待望の瞬間っ!

おいしいに決まってるぅぅぅ!!!





願望が叶った嬉しさと、圧倒的おいしさで、もう優勝です。おめでとう石焼きチーズテジカルビ!
しかも、巻き野菜でサムギョプサル風に食べてもおいしいことが判明。肉を巻き野菜で巻いたら永遠に食べ続けられそう。




5.まとめ




私の夢を叶えてくれたBUTAMAJIN。いたるところに豚さんがいて和みます。豚肉を食べながら可愛い豚さんのディスプレイを眺める…それ何ていうプレイ?
豚さんに感謝の念を送っておきました。

絡めるのはパスタだけじゃない!これからは肉にチーズを絡める時代なんだっ!





皆さんも、チーズと絡みあうべきですよ。是非行ってみてください。
豚肉×チーズ=最高!

 

住所 富山県富山市新根塚町1-1-62
OPEN 月〜水・金
ランチ 11:30-14:30(LO14:00)
ディナー 18:00-22:30(LO22:00)

土・日
ランチ 11:30-15:30(LO15:00)
ディナー 17:00-22:30(LO22:00)
CLOSE 木曜日
駐車場 あり

おすすめ記事
わたしは頑張らずに楽天カードで毎年3万円節約してます

ロボットを使ったほったらかし資産運用で利益が出てきました!

【富山で副業】在宅で月収1〜2万円なら主婦でも簡単に稼げます

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る