宮島峡の「一の滝」「二の滝」「三の滝」「四の滝」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


夏は暑いですね。

スポンサードリンク

でも、最近涼しいなぁと思ったら、松岡修三がウィンブルドンでイギリスに行っていました。


そして、ぼくは更なる涼しみを求め、小矢部市の宮島峡に来ました。

DPP_1426

滝といえば、「岩室の滝」で37個もの富山公認の滝があると知り、絶望した経験があります。


そんなにマイナスイオンを浴びてしまえば、ぼくが活性化しすぎて、踊り狂って死んでしまいます。

DPP_1417

まぁそんな戯言はさておき、早速、滝をハントしにいきましょう!

宮島峡の一の滝には大きな駐車場があり,トイレも整備されていました。


滝のような用を足したくなっても、これで安心ですね。

DPP_1418

ちなみに、宮島峡の一の滝は小さなナイヤガラの滝と呼ばれています。

落差は3m。

ナイアガラの滝の落差は53m


もう笑うしかありません。

滝ハンターとしては、一の滝は雑魚キャラと言っていいでしょう。

DPP_1420

さて、一の滝が見えてきました!


でも、おかしいなぁ。

人が全然いないや・・・。

DPP_1421

これが一の滝だ。


くっ!?

な、なんてマイナスイオンをしてやがる!

こいつ、見た目以上に手ごわそうだ!!うっほうっほうほ!!

DPP_1423

実際、この滝がそんなすごいとは思いませんでした。

ただ、そんな考えは空の彼方へ忘却し、頑張ってテンションを上げることにしました。

DPP_1422

おぉ、滝の端っこはすごい勢いじゃないか!うっほうっほ!!

ぼくは知らない間に、体が勝手に動いていることに気がついた。


くっ!?もう、マイナスイオンの副作用がっ!

あと、なぜかゴリラみたいな声になっている。

DPP_1424

一の滝の下の方は、穏やかな流れで、激しい滝とのギャップにキュン!

だが、これ以上ここにいては危険だ。


マイナスイオンを浴び過ぎて、体が活性化してしまい、踊り狂って死んでしまう。うっほうほ!ポヨポヨ!

DPP_1425

なんとか死んでしまう前に、一の滝から抜け出せた。

一体、何人の滝ハンターがマイナスイオンの犠牲者になっただろうか。


それくらい滝ハンターは危険な職業なのだ。

DPP_1427

さて、お次は二の滝か・・・。

上に行けばいくほど、難易度はアップしていく。


滝ハンター3カ月の僕にとっては、命がけの滝巡りだ。

DPP_1428

二の滝の下には、もうすでに数名の滝ハンターがいた。


この年齢層。

熟練ハンターたちに違いない。

DPP_1429

こ、これが二の滝か!




・・・なんかしょぼくね?

ただ、そんな考えは宇宙の彼方へ忘却し、頑張ってテンションを上げることにしました。

DPP_1431

うおぉぉぉおぉぉぉぉお!!!すごいマイナスイオンだ!!!

体が!!!体が止まらねぇぇぇぇえぇ!!!


ぼくの体はものすごい活性化しています。

となりにいたおばあちゃんも幽遊白書の霊丸を打つ幻海ばりに、若返っていました。

DPP_1430

滝の奥には、なぞの銅像がありました。


いや、遠すぎだろ。

なんかちょっとシュールでした。

DPP_1432

踊り狂いながら、二の滝をなんとか離れたぼくは、さらなる滝。

三の滝をもとめ、山奥へ進むことに。

DPP_1433

ここが三の滝がある竜宮淵か。

なにかモンスターが出てきそうダンジョン名だ。


すると、ある立て札あった。

んっ!?なんだこれ。人魚だと!?

DPP_1434

そして、左を見ると、なにかがいた。


あ、あれはもしや、伝説の生物!人魚なのか!?




お前は、人なのか?魚なのか?それともゲイなのか!?

DPP_1435

続きはこちら→三の滝と四の滝、そして、待ち構える謎のゆかいな銅像たち

一体、滝ハンターサクラはどうなってしまうのか!!!明日公開

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る