パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

この夏は藤吉の「水だんごパフェ」が熱い!




ハローハロー!こちら魚津市の中央通りにある「魚津ご城下の台所 藤吉」からサンソンがお送りいたします。

地方の商店街がシャッター街化…いわゆる寂れた街となっている。これは富山も例外ではありません。あれだけ人で賑わっていたのに、人々はどこへ流れていったのだろう。あぁ諸行無常。
かつて魚津城のご城下として栄えた中央通り商店街もやはりシャッターが降りている店が多い。でも、私が中央通りの藤吉に行く理由はただ一つ。


「食べたいものがそこにあるから」


人が動く時の理由なんていくつもいらない。食べたいものを食べるために時間もガソリンも使うのです。





こちらが、私を衝動的に魚津まで走らせた存在の「水だんごパフェ」であります。

この水だんごは、ただの白玉団子じゃございません。
水だんごは富山県黒部市生地地域で親しまれ、水だんごを見ると「夏が来たぜ!」と地元の方々が感じる夏の風物詩。言わばサマーソウルフード。黒部のTUBEみたいな存在。
材料は富山県産コシヒカリの米粉、北海道産片栗粉、美味しいお水だけ。
団子についている打ち粉を流して水を切り、甘じょっぱい味に仕上げた青きな粉をかけて食べたら、それはそれは絶品なのだそう。





しかし黒部のサマーソウルフードなのに、なぜ魚津の藤吉にあるの?って疑問に思いますよね?
それは、水だんごの生みの親でもある黒部の老舗の和菓子「河田屋」さんが後継者不足に伴い2012年に閉店すると聞いた藤吉のオーナーさんが「この味を絶やしちゃならねぇ!!」って、てんやわんやしたそうです。
河田屋さんが「藤吉さんなら河田屋の味を引き継いで欲しい」ということで,水だんごの味と紋章をそのまま藤吉さんが受け継ぎ、藤吉で食せる&購入出来るようになったのです。

これは、米騒動に次ぐ「水だんご騒動」と言われる歴史的な出来事になりそうな予感がする。





そんな水だんごを、もっと多くの人・若い人に知ってもらいたいという思いから誕生したのが藤吉の「水だんごパフェ」
歯ごたえのある水だんごと、甘じょっぱいきな粉、濃厚なバニラソフトクリームの絶妙なハーモニーがたまらない。
水だんごパフェも、水だんご単体も藤吉のカフェで食べることも可能ですし、テイクアウトも可能です。





よく見る和風パフェには白玉って2、3個しかのってないのに、水だんごパフェには水だんごが12個も入っている!!
え?多くない?大盤振舞いなの?
かなりボリューミーな食べごたえのあるパフェ。米粉だから腹持ちがいいのよ。少食ガールはご飯抜きで挑むことをオススメします。

これは、富山県民なら絶対食べるべきパフェだ!どこか懐かしい昔ながらのパフェみたいな見た目だけど、水だんごを知らなかった私にとっては新しい発見でした。





藤吉では、今までのランチ形態とは変わり、5月1日から事前予約制のランチとなりました。
ディナー専門で営業している藤吉姉妹店「まちかどイタリアン frontale(フロンターレ)」でのランチ営業の希望が多く寄せられた為、「いっちょ藤吉でフロンターレと同じランチやってみっか!」となったそうです。

コースメニューは、サラダ・前菜盛り合わせ2種・パスタ2種類・ドリンクという内容で、お1人様¥1620。2名から予約受付となっています。
大皿盛りを2人でシェアするイメージだね!
サンソンもまだリニューアルしたランチを食べてないのですが、旬の食材を取り入れたシェフのおまかせランチ食べてみたい!

ランチは希望日の2日前までに電話・店頭での予約となります。(webでの受付不可)





今まで通り、お惣菜やお弁当、全国から取り寄せたこだわりの商品などは購入出来ます。あぁ良かった!





私の魚津土産イチオシでもあるりんごの花というアップルパイも購入できるので、是非行ってみてください。
藤吉で購入した商品は、美味しくて珍しいものばかりなので、贈り物に大変喜ばれます。
早い話が、センスのいい人って扱いを受けるから悦に浸れるのです。


「こだわりの おいしいものに 出会える場所」というコンセプトで、食事もお店に並ぶ商品も、訪れた人をワクワクさせてくれるお店が魚津ご城下藤吉です。
皆さんも是非行ってみてください。

ADDRESS 富山県魚津市中央通2-8-8
TEL 0765-32-4249
OPEN 10:00〜18:00
CLOSE 日曜


この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »