稲葉山の景色と動物をたしなむ「ふれあい動物広場」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


今、わたしは稲葉山山頂を目指しています。

スポンサードリンク

なんでって?




そこに山があるからだろ!!!

(本当の理由はこちら→「小矢部市のアウトレット開発予定地に行ってきた。」)

DPP_1405

さて、車で山頂にいくわけですが、車でも結構な距離です。


山ということで、危うく歩いて登ろうと思っていたのですが、

歩いて登っていたら疲労骨折しているところでした。

DPP_1403

稲葉山に行く途中は、ほんとうに緑ばっかり。

小矢部って、ほんと自然豊かだねー。


将来は、ここに家を建てて、引きこもり生活をしたいですね。


ただ、よくよく考えてみたら、買い物がめんどくさいのでやめておきます。

DPP_1406

さて、稲葉山頂上にある風力発電が見えてきました。


風車でけぇー!!!


どうやったらこんなん作れるんだよ。

てか、風車改造して家にしたら、電気代ずっとタダじゃね?


ぼくって、頭良いよー!サイコー!

DPP_1175

頂上に到着しました。


市街地から車で、10分くらいでしょうか?

いよいよ、稲葉山からの絶景が見れますね!


小矢部市のゆるキャラであるメルギューくんも、頭が燃えているのに平気な顔してます。


バカなんでしょうか?

DPP_1177

山頂では、リアルなメルギューくんもいました。

こちらも、頭に火が付いていることに気づかずあいさつしてくれました。


なにかの導火線なのかと少々不安にもかられますが、ぼくも笑顔で手を振ります。


命尽きるまで、燃やし続けてください。

DPP_1179

景色はというと


電線が少し邪魔ですが・・・綺麗です!

さらに、手前の自然が少しじゃまですが・・・綺麗です!

DPP_1176

もっと手前に牛がたくさんいますが・・・綺麗です!


臭いもちょっと気になりますが・・・臭いわ!


てか、こいつらリアルメルギューくんじゃね?

DPP_3356

また、夜景も撮影してみました。


近くに、地元のヤンキーがいて、めっちゃビクビクしながら撮影しました。


もっと、真っ暗になると、間違いなく狩られそうなので、すぐ下山しました。

DPP_1397

ということで、いろんな異分子が存在して、26点くらいの景色でしたが、ぼくは満足です。


もし注文を付けるとしたら、女子高生がいてくれれば、1兆点でした。

そうして、わずかな希望を胸に、

女子高生が来るかと待っているときに、なにやら建物を発見しました。

DPP_1398

稲葉山 ふ・れ・あ・い 動物広場だと・・・。


なぜかウサギだけテンション高めな気がするが、

無料で入れるということで、行ってみることに。


そして、ルンルン気分で入口に入ろうとしたときのこと。

DPP_1399


!?


さっきの看板のウサギがゾンビみたいになっている!!

怖えぇー!


「ふ・れ・あ・い」って単語を見たときは、めっちゃヤラシイ気持ちだったのに

一瞬でホラーと化しました。

DPP_1402

涙目になりながら、先へ進むと

「やさしいきもちでどうぶつとあそびましょう」

との文字が。




さっきのゾンビウサギを見た後に、優しい気持ちにはなれないんですけど。

あと、いちいちウサギがなんかコワイな。

DPP_1400

恐る恐るウサギとふれあえるコーナーに行った。


そこには野生のウサギが。


やっぱりウサギ、キャワィイ!!!!




って、なんじゃあのでっかいウサギは!


なんか耳も進化して、角みたいになってるし。

目もサイボーグ化している。


もし、人間でなく、ウサギが進化した未来があるとしたら、こいつがそれだな。

DPP_1401

ウサギのサイボーグが動き出さないかドキドキしながら、今度は大広場に来ました。


今度は、ほのぼのしています。

ただ、よくよく考えれば、ヤギだって、めっちゃ強そうな角を持っています。


なんか左のヤギなんて、戦闘態勢やん。

DPP_1404

そして、館内にはリスや何かわからない生物がいました。


やっと、本気でほのぼのできる空間がありました。

基本的に、どの動物も触ることができるので、お子さん連れで行ってみたいですね!


あと、当たり前ですが、女子高生は来ませんでした。


ふれあい動物広場さん・・・。




女子高生ともふれあえるコーナーも作ってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県小矢部市田川16
TEL 0766-67-5175
OPEN 9:00~16:00
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る