パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【八尾の春】桜に街歩き 最高の1日が待っている

そうだ! 八尾に行こう。


突然ですが、そうだ京都に行こうのキャッチコピーを丸パクリしました。

今回は春の八尾という違う一面を探って行こうと思います!


さて、越中八尾は富山県の南に位置します。

県外からこの街に訪れる人も多く、最近では海外旅行者も増えている魅力的な街。

これだけ都会から離れた場所にわざわざ多くの人がやってくる。そのヒミツとは一体どこにあるのでしょうか?


まず、やってきたのは「八尾町道諏訪町本通り」

なんでも日本の道100選にも選ばれた風情のある街並み。

平日ですと人が少なく、このようにのんびり観光することが可能です。

普段の八尾は、静かに厳かに雄大に呼吸をしながら生きている街なのです。


八尾の春を感じるのに打ってつけの場所が「城ヶ山」

春の城ヶ山は、富山県でも数少ないの桜の名所!

その雄大な桜たちを見るために、この階段を登らないといけないのだが。


日頃の運動不足がつのってか、半分登っただけで足がプルプルしました。ヘヘッ…膝が笑ってやがるぜ。助けて!グルコサミン!と叫びながら階段を登りきりました。


そして、辿り着いた頂上。

4月には、春の城ヶ山からこのような桜を見ることが出来ます。

自然豊かで、城ヶ山の桜の丘から見下ろす八尾の街並みも、これまた格別

一気に疲れが吹き飛びました。


しかし、階段を下りる際に再び膝のプルプルがやってきました。

もうどうにも止まらなくて困りながら階段を降ります。ちなみに城ヶ山の上まで車で行けます。早く言ってよ。


城ヶ山から下山したら、喉がカラッカラ。身体もガッタガッタ。休憩を…我に小休憩をさせておくれ…。

そんな時は、「越中八尾ベース OYATSU」のカフェで一息つくのをオススメします。






自家焙煎コーヒーや季節ごとのドリンク、八尾の和菓子を楽しむこともできます。

抹茶ラテって春らしいし、OYATSUのシフォンケーキもふわふわでおいしいのです。


越中八尾ベース OYATSUでは、カフェでお茶してほっこりするだけでなく、「シーシャ」が出来るのです!


シーシャとは、フレーバーが付けられた煙草の葉を加熱し、その煙を水に通したものを吸います。なので普通の煙草よりも「煙ったさ」「臭さ」がないのです。

水タバコのニコチンによる害は普通のタバコに比べて少ないのです。なぜ普通のタバコに比べて水タバコの害が少ないかと言うと、水タバコはフィルターが水だからです。フィルターを水にする事で、煙に含まれるニコチンの量を少なくする事が出来ます。ただ、害が全くないとは言えないのですが…まぁ堅いこと言わずに。正座も崩して。

実際、タバコは吸わないけれど、シーシャなら!という非喫煙者や女性にファンが多いのです。


上記の写真のような器具を使用するのですが、紙タバコと違って自宅で楽しむのは、なかなか困難なんですよ。

ましてや日本でシーシャを体験できるのは、大都会という風潮。何てこった!と思っていたら、越中八尾ベース OYATSUで体験できるなんて…

ありがとう越中八尾ベース OYATSU!ありがとうシーシャ!

シーシャは1回1500円となります。ただ、タバコなので20歳以上の方しか体験できません。未成年の君達は、20歳になったらOYATSUに来ておくれ。


1回の燃焼時間が1時間とかなりゆっくり時間をかけて吸うので、吸うこと自体が目的というよりはシーシャを嗜みながら友人との雑談を楽しむというスタイル。ゆっくりと味わう…まさに淑女紳士の嗜みですね。

越中八尾ベース OYATSUのは、サイクルスタンドも設置されているので、サイクリングがてらお花見して、OYATSUでシーシャもいいですね。


自然(城ヶ山の山桜)に触れることが出来て、日本文化(八尾の街並み)を感じることが出来て、普段出来ない体験(シーシャ)も出来る…そんなん最高の1日になるに決まってる!

ということで、県外の人にはもちろん、富山県民にも改めて八尾の魅力に触れて欲しいと思っています。
八尾に来たなら、越中八尾ベースOYATSUを拠点として、色んな楽しみ方をして欲しいですね。

ぜひ一度、春の八尾に来てみてください。

     

宿泊施設情報 越中八尾ベースOYATSU
ADDRESS 富山県富山市八尾町上新町2701-1
TEL 076-482-6955
ホームページ 越中八尾ベースOYATSU
予約・問い合わせ 宿泊予約ページ
Parking あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »