パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

新しいイチゴ狩り体験!観光農園 うめかのお庭




イチゴを食べると、口の中までイチゴの香りでいっぱいになりますよね。
てことは、このままイチゴを食べ続ければ体の香りもイチゴになるかもしれない!
どうも、生涯かけて体イチゴ化計画を思うサンソンです。

でもいくら美味しいイチゴだからって、時間の許す限り食べ続けるのも正直飽きてきたなぁ…なんてワガママもほどほどにしろよ!イチゴに失礼だろ謝れ!と1人謝罪会見を開こうと思っていたところ、ネットでおもしろそうなイチゴ狩りを発見しました。





\\イチゴ摘み取り体験×チョコレートフォンデュ//
これは胸熱!新しいイチゴ狩りスタイルな予感!!





じゃらんでネット予約してやって来たのは、砺波市庄川町にある梅香園(ばいこうえん)【観光農園 うめかのお庭】
建物内のレジにて予約した名前を名乗り、支払いをします。





イチゴ摘み取り体験をする前に、注意事項などの説明を聞きます。イチゴを大事にしている農家さんの想いが伝わってきます。
このイチゴ摘み取り体験×チョコレートフォンデュプランの注意事項としては

・摘み取ったイチゴはビニールハウス内で食べず、カフェに持っていくこと
・配布された紙コップに入る量だけ摘み取る
・ミツバチの箱に近づかないこと

などがありました。イチゴ愛がある皆様!ルールはきちんと守りましょうね!






ビニールハウス内に入った瞬間、甘〜い匂い!これこれ!この匂いを体臭にしたいの!起きた瞬間、どこか懐かしいお父さんの匂いが漂うのはもう勘弁!
ぶりんぶりんの赤く大きなイチゴがあちらこちらにあります。





食べ頃のイチゴをハサミで切ります。かぶりつきたくなりますが、我慢我慢。後で楽しみが待っているのです。





ただサンソンのように欲を出して大きいイチゴを取ると、紙コップの大部分を占めてしまうので要注意。





隙間産業ッ!と必殺技っぽく言いながら摘みました。イチゴの数としては5、6個でしょうか。





イチゴの摘み取り体験が終わると、摘みたてイチゴを持ってカフェの方に移動します。ロッジ風な雰囲気がいい感じ。さぁいよいよ、次の楽しみの登場!





キタァーーーーーーーーー!!!!!
これがじゃらんで予約した観光農園うめかのお庭のイチゴ摘み取り体験×チョコレートフォンデュ体験!
ただイチゴを食べるだけでなく、チョコレートフォンデュ用にスイーツプレートもセットなんです。





ムフフ!こんなん絶対美味しいに決まってる!チョコレートをつけるのも良し、そのままでも楽しめちゃいます。スイーツプレートのシフォンケーキも美味しくて大満足!





新しいイチゴ摘み体験の楽しみ方が、観光農園うめかのお庭にはありました。
ちょっと変わったイチゴ摘み体験がしたい方はいかがでしょうか?行く際は必ず事前予約をしてくださいね!

     

ADDRESS 富山県砺波市庄川町天正408番地
TEL 0763-82-7021
OPEN 11:00-16:00
CLOSE 木・金曜日
Parking あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »