滑川市で過ごしたい落ち着きカフェ「海辺の生活」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


滑川市に大人な海岸カフェがあると聞きつけました。

Wikipediaによると、大人とは「十分に成長した人」

スポンサードリンク

一体、なにを成長させた人なのだろう。

ということで、大人代表であるぼくは、ガリガリ君を片手に、「海辺の生活」に行ってきました。

DPP_1341

さて、到着したはいいが、かなりの土砂降りだった。


もう雨降り過ぎて、おぼれるかと思いました。(おぼれませんでした)

雨のひどさに泣きそうになりながら、店内へ。


違うもん!

これは涙じゃなくて、雨だもん!

DPP_1344

カランコロン・・・。


マスター「いらっしゃい。」


おぉ、マスターは、なんて品のあるおじさまなんだ!

これが大人カフェである所以だな。


店内は、海辺を意識して、貝殻や空き瓶、流木などがインテリアとして置かれていた。

DPP_1343

とりあえず、おしぼりで涙をふき、サンドイッチとデザートを注文した。


今日のぼくは一味違います。

いつも以上に、文学モードなのです。


大人なぼくは、村上春樹を読みながら、文学をいそしむことにしました。

DPP_1347

そして、やってきたサンドイッチ。

見た目は、まぁ・・・アレですが、美味しいサンドイッチです。

やっぱり、文学者といえば、サンドイッチよ。


小説を右手に、サンドイッチを左手に、そして、両手をクロスさせながらいただいた。

文学少年は、ナチュラルにJOJOみたいなポーズをとるのだ。

DPP_1346

続いて、コーヒーとデザート。

窓から降りしきる雨を見ながら、暖かいコーヒーをひと口。

「ズキュウウゥン!」


コーヒーが染みるぜ!

小説を右手に、サンドイッチを左手に、クロスさせた両手の間から、口はコーヒーに。

DPP_1348

そして、このデザート。

実は、オーナーが季節によって、種類を変えている。

下の写真は、春に「海辺の生活」を訪れたときのデザート「さくらスイーツ」


マダムキラーなお味だわ!

DPP_1345

ちなみに、このお店のコンセプトは忙しい日常を離れて

「ゆっくりと流れる時間を楽しんでいただくために」


大人なぼくは、村上春樹を読みながら、忙しい日常を忘れている。


うん。




やっぱり村上春樹は素晴らしいね。うんうん。

(村上春樹わからねぇ・・・。)

DPP_1342

道路の向かいには、「マルミット・アンサン」という大人エロスなダイニングバーがある。

文学少年は、エロスの勉強も怠ってはいけない。


ここのオムライスが最高なので、ぜひそちらの記事も見ていってください。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県滑川市坪川99-4
TEL 076-476-1602
OPEN 10:30~21:00
CLOSE 木、金曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る