パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

2018年1月12日 富山県の冬が本気出してきた




みなさん、こんにちは。
富山県西部住みのサンソンです。

大雪警報が出ていた2018年1月12日の富山県西部の様子をリアルタイムでお伝えします。





朝起きて、まずこの光景を見て笑えました。人間って状況を飲み込めないと笑うんですね。
その後に泣けてきました。富山県に移住してから7年間の中でNo. 1降雪量です。


富山の冬、本気出してきた!!!!


日本海寒帯気団収束帯(にほんかいかんたいきだんしゅうそくたい、Japan sea Polar air mass Convergence Zone, JPCZ)が豪雪の原因らしい。


まずは外に出なければいけないので、ひたすらスコップで道を作ります。





自宅にミニ雪の大谷が完成。観光名所になれる勢い。

やっとの思いで車庫に辿り着くものの、車庫から車を出すのも一苦労。





車庫の上には豆腐が乗っかってます。醤油ぶっかけたい。





三種の神器(雪かき道具)を駆使して、何とか道を作る。
雪かきってクリエイティブだね!

こうやって無理矢理でもポジティブ思考に切り替えないと、心折れそうになるぐらいひどいわ。





オバケのような木や屋根から雪がズザザザザザザーっと落ちてきます。怖い怖い。





まさに白銀の世界なんだけど、キレイとか言ってる場合じゃない。完全に生活に支障が出るレベル。
先程、テレビのコメンテーターが「幻想的でキレイですねー」とか脳内花畑な完全他人事のようなこと言っていたので、雪に放り込んでやりたくなりました。


あら、やだ!雪のせいで道路だけじゃなく心まで狭くなってる!全て雪のせいだ。私の性格が悪いのも雪のせいだ。


通行止めや停電になっている地域もあるとのことです。早く復旧されますよーに!


忘れられないパンチの効いた2018年冬になりました。
現場からは以上です。

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る