パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

裏切らないハンバーガー! GLEE BURGER(グリーバーガー)




平らな胸が、成長することを願い続けて15年以上はたつでしょうか…。
最近身体に変化が訪れました!これだけ聞くと朗報っぽいですが、実際は胸よりも腹が出るという成長期に突入したみたいです。

そっちの成長いらないから、どうもサンソンです。

何の努力もせずにひたすら神頼みという他力本願スタイルで、結果的に自分の身体に裏切られましたが、今回ご紹介するのは、「裏切らないハンバーガー」があるお店をご紹介いたします。もう裏切られるのは、まっぴらごめんだ!





富山市桜町にあるカジュアルダイニングバー「SEEAIN シーアイン」というお店にやってきました。
このお店の中に裏切らないハンバーガーを出すお店【GLEE BURGER グリーバーガー】があるのです。

「SEEAIN」の看板のみだったので本当にハンバーガーがあるのか不安になりましたが、大丈夫です、裏切りません。(取材日は強風が吹いていたのでGLEE BURGER看板しまってありました。)





扉を開けると、あった!あったよ!美味しそうなハンバーガーのポップが!
このお店では、昼12:00〜18:00までGLEE BURGERの営業で、20:00からSEEAINの営業となっているようです。ハンバーガーは昼間のみのメニューです。





店内は、オールドアメリカンな雰囲気。この雰囲気だけで、ハンバーガーが美味しく食べれちゃいそうですね。
いや、雰囲気なんかに飲まれたりしないんだからっ!オシャレ=美味しいとは限らないの私知ってるんだから!





席に着く前に、オーダーとお会計を済ませます。
ここは、やっぱり1番人気のチーズバーガーでしょ!と思ったのですが、欲深き女なのでベーコンチーズバーガーに決定!





はい!キター!見た目だけでもう美味しいやつー!視界が満足しているよー!
しかし今回は「裏切らないハンバーガー」です。見た目で期待値を高めさせた後、どのようにして胃を満足させるかの真剣勝負が始まります。





さすがの私もこのまま頬張るほど、ビックマウスではございません。
「南無!」と心の中で思いながら、ギューンとハンバーガーを押し潰して、お口にイン。


やっべ!おいしい!!いや、うまい!!うまいぞコレは!!


期待を裏切らないハンバーガーって本当だったんだ…。嘘じゃなかったよ…。この勝負、GLEE BURGERの圧勝です。
なぜこんなにも美味しいのかというと、パティは「グリエTANIGUCHI」の谷口牛と、富山和牛、US牛を独自にブレンドしたものを使っています。
良い肉って、最初はいいんですけど、だんだんくどく感じてきません?こんな感覚三十路オーバーだけかしら?
でも、独自にブレンドされたGLEE BURGERは、ジューシーなのにくどくない!
バンズは、富山市のパン屋さん「ささ家」がGLEE BURGERの為に開発したものを使用。このバンズがおいしくてまた感動。
パティ+バンズ+オリジナルソースといった、計算しつくされたハンバーガーなのです。





今まで食べたハンバーガーの中で1番キレイに食べれたよ!

こういうボリューミーなハンバーガーって、ズレてバンズ置いてけぼり事件が勃発しやすいじゃないですか?
でもGLEE BURGERのハンバーガーは、最後までズレない!ここまで計算され尽くしたハンバーガー。

これは、もはやジャンクフードの域を超えている!





バンズにイカスミを使用したBLACK BURGERも人気メニューのひとつ。
富山ブラック旋風は、ハンバーガーにまで影響しているようです。





BLACK BURGERは、見た目とは裏腹に和風な照り焼き味で食べやすい!キッシュの中には富山らしさ全開の昆布が入っています。





付け合わせの白い物体は、自家製大根のピクルス。これがいい感じの箸休め的な存在。ハンバーガーと同様かぶりついて下さい。
ポテトも、最高。どうしよう無限に食べれちゃいそう。胸より腹が更に出てしまいそうだ。





裏切らないハンバーガーは、本当に実在しました。
みなさんも期待に胸を膨らませながら、是非食べに行ってみてください。




     

ADDRESS 富山県富山市桜町1-6-16高野ビル SEEAIN内
TEL 076-482-3078
OPEN 12:00-18:00(LO17:30)
CLOSE 日曜日
Parking なし
近くに有料Pあり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »