パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【幻の魚】富山湾に棲む深海魚ゲンゲを料理してみた

グロテスクな魚の写真から失礼します。どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、ゲンゲという幻の魚をご存知だろうか?

このゲンゲは、富山湾の水深1000m付近まで落ち込む海底谷の水深200m以深に棲む深海魚なのです。

実は30年ほど前までは、網や魚たちを傷つける魚として漁師から嫌われており、グロテスクな顔つきも災いして、漁師たちの間では「下の下(げのげ)」と呼ばれ、浜に打ち捨てられていたといいます。

そんなゲンゲですが、流通が速くなり、割烹や料亭で天ぷらや唐揚げとして提供し始めたことがキッカケで「下の下」が滅多に会うことの出来ない幻の魚「幻魚(ゲンゲ)」と呼ばれるようになったのです!


そんな幻の魚をみなさん食べてみたいと思いませんか?思いますよね。

富山湾でゲンゲが漁獲されるのは9月から5月までの時期なので、この期間には普通にスーパーでゲンゲが売っています。

クックパッドの情報によると、ゲンゲは天ぷらや唐揚げだけでなく、みそ汁やお吸い物、干して酒肴としても食べられるという。


ということで、本日はこのゲンゲを天ぷらにして食べてみたいと思います。

体長は20cmほどで細長く、全身ヌルヌルして気持ちが悪いです。

身体は分厚いゼラチン質で覆われており、大きなオタマジャクシのようだ。


まず、内蔵と頭を取り除きます。

お店によっては、すでに頭と内蔵を取り除いてあるものがありますので、そちらを買うのがいいかもしれません。


次に、身を4等分に骨ごとぶつ切りにします。水分がすごいな。

尻尾はそのまま捨ててもらってかまいません。

そして、身を軽く水洗いして天ぷら粉をつけ、180℃の油で揚げていきましょう。


最近では地元の富山だけでなく、関東や関西圏からも注文があり、人気が急上昇中なのだ。

人気が上がってなかなか食べられなくなる前に、富山県民には食べてもらいたい。

気泡が少なくなってきたらできあがり!


なんかめちゃくちゃ美味そうだな。

早速、塩のみで食べてみましょう!


味はというと・・・。




ふわっふわ。


なんだこれ、舌の上で幻のように溶けていく新食感

富山湾に幻のように出没し、蜃気楼のように溶けていく、まさに幻の魚だ。

これは意外すぎる、普通に美味しいやないか!


せっかくあと5匹もいるので、まるごと天ぷらにしてみましょう。

天ぷら粉の中をさまようゲンゲ。シュールしぎる。


一体どんな感じになるんでしょうね。

出来上がったのがこちら。




こ、これは・・・。








コワすぎるやろ!



見た目は蛇の化石。良い風に言えば、見たことがない幻のドラゴンのよう。

まさに幻という名に恥じない見た目だ。

早速、食べてみましょう!


どこを食べてもふわっふわ

少し骨が硬いですが全然食べられる硬さ。ただ骨がなければもう最高に美味いだけだな。


先ほどは尻尾を捨ててしまいましたが、ぜんぜん尻尾も食べられるな。

顔と尻尾は油で焦げやすいから、それで切り取っていたんだね。

ということで、こちらのゲンゲ。

全身を覆うゼラチン質に豊富なコラーゲンが含まれていることから女性にも人気となっている。

富山県内ではゲンゲに含まれるコラーゲンを使った栄養補助食品も開発されたり、急速冷凍したゲンゲから有効成分を濃縮させて、せんべいなどの菓子類に使われたりと使用用途も拡大しています。

グロテスクな外観とヌルヌルとした感触ですが、コラーゲン豊富で体にも味も美味しく今後どんどん活躍していくのが楽しみですね!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »