パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【祭じゃない季節】に富山県民こそ八尾に行くべき3つの理由

ライターのマジ卍のサンソンです。


若者の間で流行っているという「マジ卍」を一回使ってみたかっただけです。恥を知れって思われた方、謹んでお詫びと卍を申し上げます。

富山県民のみなさんは、お休みの日などに「どこ行こう~?」って悩みませんか?
そんなお出かけ難民の富山県民にぴったりなのが、このサイト「富山の遊び場!」ですよね!
県内のカフェやイベントなどお出かけ情報が満載で最高ですよね~!もうみんなの生活からは無くてはならない存在だよね~!富山の遊び場マジ卍~!!

調子に乗らせていただきました。もうしません。多分。




越中八尾の「月見のおわら」に行ってきた


そんなお出かけ難民迷える子羊の富山県民におすすめしたいのが、「八尾」です。

八尾と聞いて、ほとんどの人が『越中八尾節おわら風の盆』を思い浮かべると思います。むしろ「おわら風の盆以外何があるっていうのよ!」って思ったりしてませんか?
サンソンも、八尾の人は常に踊り狂っていると以前は思っていましたからね。




そんな私に、八尾の魅力を気づかせてくれたのが
『越中八尾ベースOTATSU』
2016年4月にオープンした八尾の観光を楽しむ拠点(ベース)となる場所で、明治5年に建てられた蔵を改装した「暮らしを体験する宿」なのです。





まずは、この方のご紹介をしなければなりませんね。
一度会ったらファンになる人続出の越中八尾ベースOYATSUの女将、原井紗友里さん。
おわら風の盆・八尾曳山まつりのような文化的暮らしと、日本の原風景が残る里山が残る八尾に惚れ込み、日々八尾の‘たからさがし’をして八尾の魅力発信をされています。

でも、いきなり富山県民ユーザーの多い富山の遊び場!読者に宿を紹介したら、県内で泊まるなら家帰るわ!って怒られそう。
富山県民も魅力だと感じるものを今から紹介するので、ちょっと見てくださいな。






① OYATSUには一棟貸しの宿だけでなく【CAFE&BAR OYATSU】が併設されている!!







これなら、気軽にOYATSUに立ち寄れますね!
どうしても敷居の高さを感じる宿に、こういったカフェ空間があると雰囲気を感じとることができます。





コーヒーや、季節ごとのドリンク、八尾の和菓子や地酒を楽しむことができます。





CAFE&BAR OYATSUから眺める、八尾の日常も良いものです。かなりの確立で、ご近所さんが女将に会いに来ます。こういった実際に八尾に住んでいる方の表情や会話を身近に見ることが出来るのもOYATSUの魅力だとサンソンは感じています。

地元民と言えば、越中八尾ベースOYATSUのスタッフにも生まれも育ちも八尾の方がいらっしゃいます。





こちらが、生粋の八尾人の杉山雄大さんです。オーナーの原井さんと一緒に八尾に愛を注いでいます。





実際におわら風の盆の踊り手を経験してきた杉山さん。おわら踊りをレクチャーしてもらえるかも!?






② OYATSUに行けば、地元民から三味線を教えてもらえる!!





これはすごく貴重な体験ですね!
日本の文化でもある三味線。海外の人にはもちろん人気なのですが、日本人の私たちもやってみたい!そんな願いを叶えてくれたのが越中八尾ベースOYATSU。
おわら踊りには欠かせない、独特の重厚な旋律を生み出す三味線を、八尾の三味線名人に習い、一緒に奏でる体験プログラムです。





初歩の旋律は15分ほどあれば弾くことが出来るそうです。
眠っていた大和魂(富山魂)を呼び起こしましょう!

こちらの体験は、1時間~1時間半で2.000円/人(催行人数4名~10名)となっています。






③ OYATSUで着物を着て八尾散策が出来る!!





着物着てみたいけど一人でなかなか着れないし、着ていく場所もないし…と思っているレディもいらっしゃると思います。
そこで、365日中300日は着物を着ているであろうOYATSUの女将原井さんから着付けや豆知識を伝授してもらえます。
敷居が高くなってしまった着物を身近なものに感じられる絶好のチャンスが越中八尾ベースOYATSUには存在するのです!!!





OYATSUの2階には着付けスペースがあり、200着以上ある着物の中から好きな着物や帯を選ぶことができます。着付け後は、八尾の風情ある街並みを散策しましょう。
1人3.000円(散策ガイド込み・催行人数2~8名)で体験できます。着物散策のオススメコースはまた次回ご紹介したいと思います。

ここで、富山の大和撫子達に覚えておいて欲しいことがある!!!
それは、常に混みすぎている京都に行かなくても、八尾で日本の和の心を感じる事ができるのだということを。(富山県民ならさほど交通費かからなくて最高!!!)





もちろん、越中八尾ベースOYATSUに宿泊するのもオススメです。日常と非日常が混ざり合った素敵な空間を富山県民の方にも味わってもらいたい!!!
県外からのお客様を連れてきたら200%富山の株が上がりますよ。

ちなみに宿泊料金は、施設使用料24.000円(GW期間中・8/20~9/3・年末年始は特別料金)+(布団料金 3.000円/お一人様)(朝食は+1.000円・夕食のご用意はありません)となっています。
最大8名まで宿泊可能なので、8名で泊まったら1人6.000円なんです。

あらやだっ!憧れの一棟貸しの宿がリーズナブル価格!!

これは、ちょっと旅気分を味わえるお泊り旅によさそう!!
卒業旅行や女子会、企業の合宿など幅広く使えそうな予感がしますね。お泊り飲み会すれば、どれだけベロンベロンになったとしてもお布団は目の前なんです。最高かよ。





おわら風の盆だけではない八尾。富山県民にもっともっと八尾の魅力を知って欲しいと強く思います。
今後も富山の遊び場で、越中八尾ベースOYATSUの魅力を発信していくので、乞うご期待!!!
『越中八尾ベースOTATSU』

    

ADDRESS 富山県富山市八尾町上新町2701-1
TEL 076-482-6955
OPEN CAFE13:00~16:00(火曜・水曜定休)

BAR18:00~21:00(不定休)

冬季(12月~2月) は10:00~17:00 、土日祝のみ営業
CLOSE 不定休

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »