パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

射水市の超穴場なジャパニーズ居酒屋「Gomesさん」

「ちょっとサンソン!私のイチオシの店連れて行くから!」と友人に、半ば拉致に近い状態で連れてきてもらったお店があります。

嫌いじゃないよ、そういうの。むしろ好き。もっとして。どーもサンソンです。

それがこちら。射水市の大島絵本館近くにある、ジャパニーズ居酒屋【Gomesさん】





居酒屋ですがランチ営業もしているので今回はランチにやってきました。

まず最初の疑問なんだけど店名に「さん」がついているってことは、名前?名前なの?
どうやらオーナーの名前がゴメスさんらしい。
期待と不安と愛と勇気を持って、まずは入店しましょう。





扉を開けたら、すぐにクリスマスツリーがお出迎え。取材時は10月始めだったので、随分と気の早いメリークリスマスなんですね。もしかしたら1年中飾ってある説も有力ですな。






店内は、和と異国文化が入り混じった雰囲気。もう1度言いますが、ここはジャパニーズ居酒屋です。一瞬、射水市ってこと忘れかけてた…
だって店員さん全員外国の方なんだもん。なぜかここだけグローバル感半端ない。





さっそく友人おすすめのカレー、ナン、サラダを注文しました。
ナンを持ってきてくれた店員さん。





サンソン「もしやアナタがゴメスさん??」
店員さん「チガイマス。ワタシ、ゴメスサンジャナイ。」


どうやら違ったようです。ゴメスさんはどこに…
ちなみに彼はインド出身で日本語ペラッペラ。





こちらが、ゴメスさん1番人気のカレーとナンです。
写真だと伝わりづらいですが、ナンが大きいこと大きいこと!2人分並べたらテーブルが余裕で埋まる勢い。
カレーはチキンカレー・チキンミートボールカレー・キーマカレーの3種類から選べます。ナンとライスも選べますが、ここはやはりナン一択でしょ!





チキンカレーを注文しましたが、おいしい!!!日本人の好みの味です!!
もっとスパイシーでクセがありすぎる程あって、一口食べればここはインドみたいなものを想像していました。
異国情緒を隠しきれていない店内と、ナンとカレーを運んできてくれたインドの店員さんの影響でそう思い込んでました。





思っていたよりも食べやすいカレーで、きっと日本人受けが良いように研究して作られたカレーなんでしょうねぇ。
あとは、ナンがべらぼうにおいしい。大きいから最後のほうはやっつけ仕事みたいになったけど。





店員さんに「ケーキモオイシイヨ!」と薦められて食べました。
このホームメイド感溢れるケーキは、懐かしさとおいしさでかなり感動してしまった。昭和を感じさせるものにめっぽう弱いのです。
ナンの後にケーキいけるか心配でしたが、ぺロリでした。


そしてここで、やっと登場です!Gomesさんのゴメスさんです!!!





ゴメスさん「イラッシャイ~ウチノミセハ、ゼンブオイシイヨ~!オムライス、パスタ、セカイイチオイシヨ!」


陽気なゴメスさんは、バングラディッシュ出身。
日本には26年前に来てGomesさんを開店して16年目になるという。
ゴメスさんがかなり自信たっぷりにおいしいと言うので、また別の日にオムライス、パスタを食べに行ってきました。世界一って言われたら食べるしかないでしょう。商売上手、薦め上手なゴメスさん。





あら、やだ!おいしい!
世界一かどうか感じるのは個人差があるとして、おいしいのは間違いありません。
続いてパスタです。





パスタも種類が豊富でしたがミートソースを注文。
あれ…これもおいしい!Gomesさんの料理ゼンブオイシイヨっていうのは本当なのかもしれない!世界一は盛ってるけどね。

サンソン「カレー屋さんなのに、カレー以外の料理もおいしいなんて凄いですね!」
ゴメスさん「カレーヤジャナイヨ。ジャパニーズイザカヤダヨ!」

訂正されました。もう一度言います。
Gomesさんはカレー屋ではない。ジャパニーズ居酒屋だ。





今度はランチではなく居酒屋タイムに行ってみたくなりました。
というか、またゴメスさんに会いたくなる魔法にかかったようです。

居酒屋営業は、金、土、日曜日は予約をしないと入れないほど人気だそうです。地元の方にも、市外の方からも愛されているジャパニーズ居酒屋Gomesさん。

みなさんも、世界一と豪語する料理と陽気なゴメスさんに会いに行ってみてはいかがでしょう?



     

ADDRESS 富山県射水市小林229-1
TEL 0766-52-6564
OPEN 11:00-14:30
17:30-25:30
CLOSE 月曜日
Parking あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »