パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【秋の新メニュー】Fabulousぶどうボンボン爆誕

富山駅北口から徒歩2分の場所にあるカフェ『Fabulous』

フルーツが鬼盛りになった韓国で話題の人気スイーツボンボンを富山に広めたカフェがこのカフェなのだ。

常に季節の旬のものを使ったボンボンで楽しませてくれます。





8月は桃ボンボンとICEストロベリーボンボンの登場でしたが、9月の旬のボンボンはこちらです!!!!






9月5日からデビューとなった『ぶどうボンボン』

今が旬の、富山県産フレッシュぶどうを使用しています。今回使用されているのは、高級フルーツとしても名高いシャインマスカット。





シャインマスカットが鬼盛りとか、贅沢の極み!!!!





崩れないように優しくそっと鬼盛りされたぶどうボンボンには、アクセントでちょこんとラズベリーが添えられています。

「初恋」をイメージして作られたぶどうボンボン。

さっそく、初恋ボンボンをいただきます!





口に入れて噛んだ瞬間、マスカットのフレッシュなジューシーさと甘さが、口の中ではじけました。


あっっ!!!!これは恋に落ちた瞬間に似ている!!! まさに今、私のお口はぶどうボンボンに恋したのです。


やだ、ハマリそうで怖い…好きになりすぎるのが怖いよぉ~ふぇ~ん(泣)

冷静に考えたら三十路超えした女が脳内花畑でヤバイこと言ってるなってなるんですが、それだけ夢中になるおいしさ。

でも、ここで事件が…





コロン……

ラズベリーが落ちた…
あぁそうか、初恋は実らないもんね。
思い返せば、サンソンの初恋は5歳。同じ幼稚園に通うY君に初めて恋心を抱きました。
あの頃は、まだひねくれておらず、素直さ100%で生きていたサンソンは、すぐさまY君に「好きやで!」と伝えました。

Y君の答えは、「サンソンは2番目に好き!」というものでした。プレイボーイ爆誕の瞬間です。
ショックでその日の給食は完食できなかった記憶があります。でも、いつかは1番になれるかも!と6歳にしてセカンド女デビュー。

そんなことを思い出しながら、ラズベリーを口に入れました。甘酸っぱい…





シャインマスカットを食べ進めていくと、甘さ控えめなヘルシー豆乳クリームと大豆スポンジケーキがお出迎え。(食べかけの写真でごめんなさい。グチャってるのは全部初恋Y君のせいです。)


ヘルシーとビューティーがコンセプトのカフェFabulousでは、ボンボンにもヘルシーさを追求するこだわりがあります。
別名イソフラボンボンと呼ばれるほど、大豆が含まれたボンボンを食べれば、美しく若々しくなること間違いなし!(個人差あり)





食べても、食べても、まだマスカットがある~!!!初恋が実らなくっても幸せー!!!
一粒が大きいから食べ応えがあります。

マスカットのジューシーさが半端ないので、口の中がずっとフレッシュ。ネーバーエンディングフレッシュボンボンと呼びましょう。





Fabulousのボンボンの特徴は、先ほどの豆乳クリームとその下にある手作りスムージーです。

今回ぶどうボンボンのスムージーは、フレッシュぶどうを皮ごと冷凍して作られたスムージー。
そのままだと皮が残りすぎていて食感がざらつき、苦味も出る…という問題点も、試行錯誤してマイルドな食感に仕上げたぶどうMIXスムージー。

少し残った皮の食感も、ぶどうの存在感を更に際立たせてくれます。

最後の一口までおいしさとこだわりが詰まった富山県産フレッシュぶどうを使ったFabulousのぶどうボンボンを是非ご賞味ください。言わずもがなインスタ映えします。





ぶどうボンボンは、入荷したぶどうの種類によってグリーンverとレッドverがあります。

FabulousのLINE@を登録すると、今日はどちらのverのぶどうボンボンか知ることが出来ます。

LINE@を登録して会計時にご掲示いただくとボンボンが100円引きにもなるので、この機会に登録してみてはいかがでしょう?

Fabulous LIEE@



富山の季節を感じとれるFabulousのボンボン。9月はぶどうボンボンで秋を感じましょう!



     

ADDRESS 富山県富山市牛島町18-7 アーバンプレイス1F
TEL 076-4419-683
OPEN 【月~金】10:00-18:00
【土・日】10:30~18:00
CLOSE なし
Parking 有料あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »