パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【古き良き街並】高岡市山町筋「土蔵造りフェスタ」に行ってきた

どーも、サンソンです。


今日は、高岡市山町筋で行われている『土蔵造りフェスタ』に来ています。

山町筋とは、富山県高岡市中心部にある、伝統的建造物が数多く残る街並みの名称だそうです。

明治時代に入り、火事で町の大部分が被災した為、土蔵造りの防火建築が建てられ、2000年に国の重要伝統的建造物郡保存地区として選定されました。


そんな高岡山町筋で第19回目となる「土蔵造りフェスタ」がどんなものなのか、さっそく紹介したいと思います。




私が行ったのは18時ごろ。

土蔵造りフェスタの会場は17時から歩行者天国となり、土曜日は21時、日曜日は20時まで開催されている。


歩行者天国エリアには、飲食出展がありラーメンやかき氷、ビールなどがありました。

道幅が広いので、ゆったりと散策することができます。


土蔵造りフェスタを盛り上げる一つの目玉として「クラシックカーギャラリー」も開催中。

往年の名車たちが、山町筋にずらりとストリート展示されています。


渋い・・・渋すぎる!

定番のフェアレディZやスカイラインから、中には現役バリバリのクラシックカーもありカッコいい!


この車、となりのトトロで見たことあるやつだ!

レトロで素敵すぎる!荷台にメイとサツキを乗せて走りたい!


クラッシクカーあるあるなのか、扇風機が常備されている車が多かった。

こんなんあったら、赤信号のたびに「われわれは、うちゅうじんだ」って扇風機に向かって声出したくなっちゃう。それを隣の車から白い目で見られたい。


いすずのバスには、乗車可能でした。レトロなデザインってどうしてこんなにかっこいいんだろう。車に詳しくない私でも、ワクワクします。

歴史ある山町筋の街並みと、クラシックカーのレトロな雰囲気が合わさっているクラシックカーギャラリー。

27日(日)も17時から開催されているので、是非見に行ってみてください。


高岡市の新しい観光施設として話題の、2017年春に町屋を改修した複合施設「山町ヴァレー」でも、ビアガーデンが開催されています。


そんな話題の山町ヴァレーの中庭で乾杯!

同じく山町筋にあるcomma coffee standの出店でビールとソーセージを購入しました。


もう最&高!この組み合わせに文句があるわけがない。

山町ヴァレーはまた次回詳しく紹介したいと思います。


山町ヴァレーのテナントとして9月1日からオープンする「Craftan クラフタン」も、この土蔵造りフェスタの期間中プレオープンしているとのことで、行ってきました。


富山県の郷土料理「昆布締め」や鱒寿司、日本産のクラフトビールや日本酒が楽しめるお店です。

もちろん富山県産のクラフトビールで乾杯!


店内もオシャレな空間で居心地がよく、出てくる料理とビールもおいしかったので、これは本格オープンの9月1日が楽しみです。

他にも、音楽イベントやワークショップのブースなどもあり、夏の終わりを満喫するのにはもってこいの「土蔵造りフェスタ」

夕方から涼しくなり過ごしやすい夕暮れ時から山町筋を散策してみてはいかがでしょう?

     

ADDRESS 富山県高岡市御馬出町・守山町・木舟町・小馬出町
TEL 0766-23-2623(土蔵造りのある山町筋まちつくり協議会)
OPEN 8月26日(土)11:00-21:00
8月27日(日)11:00-20:00
歩行者天国17:00~
Parking あり※会場内駐車スペースが限られているため市営駐車場の利用おすすめ

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »