パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

猿倉山から打ち上がる大沢野花火大会2017に行ってきた

どーも、サンソンです。

8月も折り返し地点に突入しました。みなさん、夏満喫してますか?

富山県も7月終わりから8月の中旬にかけて花火大会がどっかんどっつかん開催されていましたね。

2017年の富山の夏を締めくくる花火大会と言えば、8月19日に旧猿倉山スキー場で開催された「大沢野花火大会」ではないでしょうか?

初めて行く花火大会なので、会場案内図を眺めて事前学習です。
この地図、地元民しか分からなくない?難易度高めだよ!

結局、グーグルマップに頼り、会場入りしました。
警察官の方が、交通整理や誘導してくれたので、スムーズに駐車できました。
しかし、歩けども歩けども会場につかない。どうやら、到着が遅れたため会場から離れた駐車スペースに停めてしまったようです。完全に自分が悪い。

会場に向かう途中で、花火始まっちゃいました。
ゲレンデから上げる花火なので、さえぎるものがなく、離れた場所でもキレイに見えます。

しこたま歩いて、本部がある会場に到着しました。
本部に来ると、アナウンスや音楽が聞こえるのでオススメ!
出店もたくさん並んでいて、祭りの雰囲気を一層盛り上げています。

大沢野花火大会の特徴は何と言っても、ゲレンデから打ち上げられる1000発の花火。
花火に点火するところから見れるのは、なかなかないのでは?

花火のドーンという音や、音楽にのせて打ち上げる音楽花火など、山にこだまして音の反響がおもしろいです。
メッセージ花火もあがっていて会社だけでなく、おじいちゃんから孫へのメッセージ花火なども打ち上げられていました。孫、幸せ者か!

後半戦にさしかかると雨が降ってきたので退散してしまいましたが、来年はもっと早く現地入りして、ゆっくりと花火と音を楽しみたいと思える花火大会でした。

あぁ夏が終わってしまう…

     

ADDRESS 大沢野花火大会 旧猿倉山スキー場
打ち上げ数 1000発
開始時間

19:20~
Parking あり(交通規制あり)

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »