パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

入善町の夏の風物詩! ふるさと七夕まつりに行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


毎年、8月5日~7日の3日間に開催される入善町のイベント『入善ふるさと七夕まつり』

これは、昭和43年に三波春夫さんという方が歌う「花の入善音頭」の制作に合わせて地域活性化イベントとして始められましたもの。

情報によると、町民参加型のイベントということで、これはどんな地域性が出ているか楽しみです。


ということで、会場の入善町中心商店街周辺にやってきました。

いつもは車が通る場所ですが、この日は歩行者天国に変身!

これは道路の奥が深そうだな、駅まで続いてんのか!?


まずはイベント情報の確認です。

本日は、8月6日だったので七夕ジャズライブがあるようだ。

ちなみに、5日は子どもが中心のイベントで、6日は大人が中心のイベント、7日は芸能が中心のイベントってなんだよ。


早速、ジャズライブがやっている会場に来ました。




日本人じゃない!?


かなり本格的、いや、本気のジャズライブやないか。

歌唱力がそこらへんの素人じゃなくて、プロが歌ってる!

もし素人の日本人だったらごめんなさい。


途中にあった、入善まちなか交流施設「うるおい館」も鮮やかなイルミネーションで盛り上げます。

しかし、夏のイルミネーションって最高ですね。

冬もいいですけど、夏もこういうのどんどんやってほしいし、願わくば年中イルミネーションしてほしい。

そして、富山の夜をもっと明るくしてほしい。


道はどんどん続きます。

途中には露店がたくさんあり、入善らしくジャンボスイカや深層水牡蠣なども売られていました。

牡蠣売るってすごいよ。


中央の露店がある道を逸れるとこのように七夕飾りがたくさんありました。

すごいしだれようです。

わたしのおばあちゃんの腰くらいしだれています。


入善町の七夕ともあって、ジャンボ~ル三世もいました。

夏は入善ジャンボスイカの季節でもあるので、七夕とマッチしてますね。

ジャンボ~ル三世はアンパンマンみたいに、お腹が空いてたら身体のスイカを食べさせてくれるのかな?

再生は不可能かもしれませんが。


日が落ちてくると、人もどんどん増えてきました。

よく見ると学生が多かったので、町のイベントということがわかります。

こういう場所に来ると、ほんと学生に戻ってまた恋とかしたいなぁって思っちゃうんですよね。

これは大人あるあるかな。


あと、七夕飾り以外にも竹灯りというものもありました。

竹灯りで七夕まつりを盛り上げようって書いてあるんですが、めちゃくちゃ申し訳程度しか飾っていませんでした。

これ道路にたくさん並べたらすごく綺麗だと思うんだけど、来年はもっと盛り上げてくれるはず。


七夕ということで、願い事を書くスペースもありました。

わたしは3年前くらいから毎年、『富山湾にヌーディストビーチができますように』と願い事しているのですが、いっこうに叶いません。

どうなってるんだ神様、いや富山県知事!

誰も動かないなら、1人で全裸になってヌーディストビーチ運動すっぞ!

このままでは富山湾で全裸の人が逮捕されたとニュースになって、富山のイメージダウンにつながります。そうこれは取引ですよ知事。


今年も無事、こどもたちにジロジロ見られながら願い事を書くことができました。

きっと、彼らも喜んでくれるでしょう。


ということで、この入善ふるさと七夕まつり、ステージイベントや入善音頭まち流し競演会など町民参加型のイベントで盛り上がっていました。

入善町の夏の風物詩としてしっかり定着しているのですね。

ぜひ、来年も楽しい雰囲気を感じに来たいと思います。

     

ADDRESS 入善町中心商店街通り
TEL 0765-72-0163
OPEN 夕方18:30ごろ
期間 毎年8月5日、6日、7日
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »