パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

脱力感あるイラストが最高! 『五月女ケイ子の逆襲』に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですがみなさんは、このイラストのタッチを見たことありますでしょうか?

わたしも高校生のときに初めて知ったのですが、この『新しい単位』という本で、その面白さに衝撃を受けたものです。

それから今まで、あまりそのような本を読んでいなかったのですが、このたび、富山市民プラザで彼女の作品のアートギャラリーが行なわれているとCMで発見しました。


ということで、富山市民プラザにやってきました。


開催期間は、2017年7月28日から8月14日まで、期間は3週間。

グンゼスポーツの看板にかぶせてきたな。


2階で入場料を払って、いざ展示会へ!

入場料は一般500円、中学生から大学生までは300円とかなり安い。

しかも、なんかシールまで付いてくるし、SNSでシェアするとさらにシールが貰えるという。

これは、友人の車のボディに貼っておこうと思います。


その中身はというと、こんな感じ。

スタッフに聞いたところ、写真は撮り放題で、ぜひ拡散してくださいとのことだった。

絵もゆるいが、対応もゆるくて最高だな。


ちなみに、五月女ケイ子さんは、イラストレーターだけでなく役者的活動もしてるんですね。

あと、先ほど話した『新しい単位』という本は30万部も売れたみたいで、2002年に発行されたのか。

わたしのプロフィール写真もこんな感じにしようかな。


そんな展示会には、このように記念撮影スポットが存在する。

パパが、おしっこしたあと指先しか洗ってなかった。




どういう描写だ。


これをSNSで投稿して、どういう反応が返って来るんだろう。

ただ、お客さんの中には写真を撮っている人が結構いて、みんな投稿してんのかなぁ。

インスタで確認したところ、「これどこー?」「えっー、やりたーい!」「かわいぃー」などのコメントを発見。


本当に可愛いのだろうか。

女子はなんでも「かわいぃー!」っていうからな、信用できん。

しかも、電柱に隠れて写真を撮るって、どこでパパはおしっこしてたんだよ!犯罪だよ!


続いて、かつらキャッチです。

サンプル写真のはしゃぎっぷり。

あと、おひとりさまの場合はスタッフが写真を撮ってくれるという。

それはそれで、かなり勇気が要ります。


もし1人で来た場合、どういう気持ちでスタッフも写真を撮るのだろうか。

ただ、こういう展示会に来る人って、やっぱり他人の目を気にせず、変わったモノ好きが多いのかな。

都会の高校生とかなら、こんなんめっちゃ好きそうなのに。





カツラのバリエーション。




もう、笑ってまうわ。

やりたい・・・やりたいけど、勇気がない自分を誰か叱ってください。


五月女ケイ子さんの作品には、イラストだけでなくモニュメントグッズとかもありました。

ヴィレバンにすごいありそう。

好きな人はめっちゃ好きなんだろうな。

気になる人の家に五月女ケイ子グッズで溢れていたら、なんかもっと好きになりそう。


一番奥には、今度はアニメーションが流れていた。

全部見たのですが、めちゃくちゃシュールでした。

ある家族の話で、お母さんが金髪パーマってところがもうオカシイ

だけど、お父さんはメガネをかけた真面目そうな人で、お見合い結婚?とかいろいろと想像させられます。


出口には、お土産?というか五月女ケイ子グッズが売られていて、サブカル女子にはもってこいのアイテムですね。

ぜひ買って、これでライバルと差をつけよう!


ということで、この『五月女ケイ子の逆襲』ですが、開催期間が8月14日までとなっています。

まだ行ってない人、気になる人は急いで富山市民プラザに行きましょう!


明けない夜はない

     

ADDRESS 富山市民プラザ
OPEN 11:00-18:00
水・金曜日は20:00まで
入場料 大人500円
中学生ー大学生300円
Parking 有料あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »