高台に出来た小さなお菓子屋さん「ぐる屋」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


魚津市の高台に、なにやら悪巧みを考えているお菓子屋さんがあるという。

スポンサードリンク

いや、どんなお菓子屋さんだよ。

DPP_1164

その名も「ぐる屋」

はい、やっぱり何か企んでいるお店ですね。

DPP_1160

外観は、一見普通の家のようだ。

また、場所も高台にポツンとあるので、このお店を知らないと行くことがないだろう。

ぼくも友人から情報を聞きつけ、知ることができた。

さて、早速店内へ行こう。

DPP_1155

一階は、ベーグルやクッキー、そしてケーキが置かれていて、まさしくお菓子屋さんとなっている。

そして、そこで食べたいものを選び、二階で飲食できる。


だが、ぼくが行ったのが、夕方だったので、もうあまりケーキがなかった。


さすが、人気店。

食べたいものを食べるには、昼に行くのがベストみたいだ。

DPP_1156

二階のカフェスペースはかなりゆったりしている。

靴を脱いで、椅子に座るので、もう、おうちでだらだらしているような感覚になる。


大技の後方かかえ込み2回宙返り3回ひねりもできちゃう。

DPP_1158

このテーブルなんて、もはやカフェスペースじゃなくて談話スペースやな。

4人でトランプとかモノポリーとかしたい。

いや、きっと今の若者は、4人でモンハンかパズドラをしたいとか言うのだろう。


発想が、男性よりだが。

DPP_1153

そんな人気店だが、レモンのタルトがまだあったので、それと紅茶をいただいた。

お皿の上にポツンと置いてあると、ものすごく可愛いく感じる。


きっと、これを男1人で食べるのは、ぼくがきっと初めてに違いない。

DPP_1154

レモンタルトちゃんをいただこうとしたが、ある問題に出くわした。


・・・タルトってどうやって食べるんだ?


フォークで切ろうとしてもなかなか切れない。

思いっきり切ってしまうと、レモンのタルトちゃんがどこかへ飛んでいってしまう。

これを一口で食べるって言っても、レモンのタルトちゃんが

「もっとわたしを味わってほしかったなぁ。シュン(涙)」

と悲しんでしまう。

DPP_1159

一体、一体どうすればいいんだ!!!


悩んだ結果・・・


小まめにかじることにしました。

もう、フォークなんかいらない。

手でヒョイとつまんでかじるのが江戸っ子だね!粋だね!

DPP_1161

一階のお菓子スペースには、プレゼント用のオリジナルブランド商品も置いてあった。

包装のデザインも超可愛く、色合いも「ぐる屋」らしさが出ている。

DPP_1163

そして、ぼくが帰ろうとしたときに、突然、雨が降ってきた。

お店を出た瞬間に降ってきたから、びっくりするわ!


夏も近いということで、夕立だな。


夕立も風情あふれますなぁ。

ちなみに、ぐる屋からは海も見え、夕日も見え、ミラージュランドも見える。

DPP_1162

そして、夕立からの虹が現れた!

全く、江戸っ子だね!粋だね!サイコー!!


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県魚津市下椿106
TEL 0765-22-7177
OPEN 10:00~19:00
CLOSE 火・水曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る