疲れが吹き飛ぶ「黒部市吉田科学館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山の多くの人が知っている企業YKKの創始者で、世界市場の5割近くを握るファスナー王国を実現した吉田忠雄。

スポンサードリンク

彼はファスナーではなく、チャックと言うとものすごい形相になるという。


なんでだよ。

DPP_1142

そんな吉田さんが作ったという「黒部市吉田科学館」がある。

なんと1986年に開館したみたい。


ぼく生まれてないやん。

DPP_1135

吉田科学館の外には、あの吉田さんが埋まっていた。

見事に壁に埋まっていた。

そして、吉田さんの下には、よく読めない文字があった。


「8巡え?」


どこの国の人だよ。

DPP_1136

さらには、よくわかない石が展示されていた。


なんだこれ。


あっ、この形、この角度!

これはパンチングマシーンだな!

「アーンパンチ!」

・・・あっ。


マジで折れるかと思いました。

DPP_1146

館内入口には、黒部市のゆるきゃら「ウォー太郎」がいた。

なんとこいつ、こんなテカテカな顔して、怪物くんとかで有名な藤子不二雄Aがデザインしたという。


10回見たら3回くらい殴りたくなるやつだ。

DPP_1137

さて、もう茶番は置いておいて、ぼくがここに来たのは、プラネタリウムがあるからなんだ。


もう、プラネタリウムって最高ですよね。




あんな最高に気持ち良く寝ることができる空間がこの世にあるでしょうか?

もしあるとすれば、棺桶くらいでしょう。

だけど、それまで時間があるので、知恵の輪でもいじくって時間を潰します。


ちなみに、ぼくはいろんなところをいじくるのが大好きなんです。

DPP_1143

どれどれ

・・・


10分経過。


・・・はぁ


20分経過。


・・・はぁはぁはぁ


30分経過。




・・・ちくしょう!全然ほどけないやん!

なんだこの知恵の輪。めっちゃ難しいやん!

ふざけんなっ。

ハサミでちょん切ってやろうか。

お前なんか一瞬でバラバラにできるんだ。大人の力を見せてやろうか!


となりで子供が無邪気に遊んでいたので、やめておきました。

DPP_1141

なんでアミューズメントパークに来て、腹を立てなければならんのだ。全く。


ぼくは気を静め、サイエンスショーを見ることにした。

いやーサイエンスショーとか超面白そう!


一体どんな人がどんなことをしてくれるんだろう?ワクワク

DPP_1140

・・・あれ?




ぼくの勘違いかな?

もう一度、看板を見てみよう。

DPP_1148

うん。


髪がある。

DPP_1140

・・・ものすごい光沢がある。

白衣でもないし。

むしろ、ものすごいパンツあげてる。

間違い探しかよ。

DPP_1247

ちなみに、期待通り不完全なサイエンスショーでした。

もう逆に、おじさんを応援したくなりました。


今度は、今度は絶対成功できるよ!おっさん!

DPP_1139

さて、やっと時間になり本題のプラネタリウムに行きたいと思います。

内容は、彗星の旅とあの人気漫画「宇宙兄弟」のプラネタリウムだ!

くー!!ひゃっほーい!!!宇宙兄弟サイコー!!!

なんて面白そうなんだ!!!




じゃぁおやすみなさい!!!

DPP_1145

ものすごいぐっすり眠れました。

もう、過去の経験である受験戦争や就活の疲れも吹っ飛んでいきました。


いやーこれだけでも本当にここに来たかいがあった。

DPP_1144

あとは、クイズに答えて、エレキチャンピオンになったり、

帰り際に、吉田忠雄コーナーをチラ見して、通り過ぎて出口へ向かいました。


みなさんも日ごろの疲れを癒すために、プラネタリウムで極上の睡眠を手に入れましょう。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県黒部市吉田574-1
TEL 0765-57-0610
OPEN 9:00 – 16:30
CLOSE 月曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る