パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【グルメの聖地】ひみ番屋街のお勧めフードコート5選

こんにちはーサンソンです。


富山の就活生がブラック企業を避けようと「富山 ブラック」と検索したらラーメンの画像ばっかり出てきたという話が、最近1番笑えました。

こんなんでも人生楽しいですからっ!強がったりしてないんだから!

今日は氷見漁業場外市場「ひみ番屋街」にやってきました。

番屋と呼ばれる漁師の作業小屋をイメージして作られ、グルメ・特産品・温泉など充実した場所となっていて観光地としても有名な場所ですね。

「魚の町」として知られる氷見。約400年続いている定置網漁法は、あらかじめ海に網を張って魚を待ち受ける漁法。

一度網に入った魚の7割は、網から逃げてしまうそうです。しかし、逃がし損という事ではなく網から逃げた魚が産卵し、結果海に魚が増えることにもなるという優しい漁法なのです。

冬の季節には有名な「氷見寒ぶり」や、その季節の旬の魚が番屋街の魚屋にずらりと並んでいる光景は、まさに圧巻です。

調理方法や美味しい食べ方など親切丁寧に魚屋さんが教えてくれます。

そんな魚の町氷見にある番屋街。きっと美味しいものが溢れているに違いない!という事でひみ番屋街のフードコートメニューを胃袋の限界まで紹介したいと思います。


1. ぼよんさ


こちらのお店は氷見で獲れた新鮮な海鮮丼や天丼など氷見らしい丼ものを提供しているお店です。

海の宝石箱や~!!と思わず叫びたくなる美しさ。

せっかく氷見に来たんだから新鮮な海鮮を食べずにはいられません。美味しいに決まっています。


2. 麺屋 いく蔵


氷見産イワシの煮干を贅沢に使った和風ラーメンや、富山のソウルフード富山ブラックラーメンが食べれます。

ブラックラーメンと悩み狂いましたが、氷見そばをいただきました。

出汁が違う!!上品!!、味わい深い一杯です。

ラーメンと一緒に食べたくなるのが、ご飯ですよね。

富山っぽさを詰め込んだトロロ昆布おにぎりも売っています。


3. 洋食屋 HALO


1971年創業の地元に愛された洋食屋さんのテナント店。氷見牛や地魚を使ったオリジナル料理が楽しめます。

カレーやオムライスなどザ洋食のものから、ここでしか食べれないメニューもあります。

地魚のうまみがたっぷりの、ととぼちテリヤキバーガーです。ととぼちとは、氷見の言葉で魚のすり身の事です。

魚のすり身のハンバーガーを初めて食べましたが、かなーり美味しかった!


4. 手延べうどん 池永亭





ここではうどんや蕎麦だけでなく、ととぼち入りの「カブス汁」が味わえます。

カブス汁とは、氷見の漁師言葉で分け前の事だそうで獲れた魚を贅沢に味噌汁にしたもの。

魚の出汁が身体に染みる~!

このカブス汁も氷見に来たら必ず食べてもらいたい一つです。


5. 牛屋


こちらも、フードコート内のではなく番屋街内にある氷見牛を味わえるお店の、氷見牛握りです。

ダイレクトかつ贅沢に氷見牛を味わうには、これに限ります。あぁ、おかわりしたかった…


この他にも、ひみ番屋街フードコート内には金箔ソフトクリームや氷見牛コロッケなどを販売しているお店があります。

いかんせん、お腹いっぱいなので今回の食べ比べはここまで!


ひみ番屋街は県外の人はもちろん、富山県内の人の胃袋と心を満たす事間違いなしの場所です。

皆さんも是非、ひみ番屋街に行って美味しいもの食べてくださーい!!!

     

ADDRESS 富山県氷見市北大町25-5
TEL 0766-72-3400
OPEN 8:30-19:00
(鮮魚施設・物販施設は18:00まで。飲食施設は11:00-21:00まで。)
CLOSE 1月1日
臨時休業あり
Parking あり

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »