パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【富山のお土産2017】王道からネタまで地元民が食べてみた

どうも、編集長のサクラです。


富山県に旅行に来たならば、やっぱりお土産は買って帰りたいもの。

しかし、お土産屋さんにはいろんな食べ物があってどれを買って帰ればいいのか全然わかりません。

そこで本日は、実際に買って食べてみて良かったものたちを厳選して『富山のお土産22選』を紹介したいと思います。

目次



スポンサードリンク


ますのすし


全国区で超有名なますのすし。県外の人も『ますのすし』の存在は知っていても、それが富山の郷土料理だと知らない人は多い。

これは、富山のお土産では避けては通れないほどの王道土産ですね。

鱒(サクラマス)を用いて発酵させずに酢で味付けした押し寿司で、味はまさに絶品!

また、富山県には『ますのすしミュージアム』があり、ますのすしの手作り体験もできちゃいます。

ただ、作ってから1日たった方が味がしみ込んでいて美味しいとのことだったので、駅弁で買う「ますのすし」が一番美味しいんですね。




しろえび紀行


富山湾の宝石と称される「しろえび」を使用した薄焼きせんべいですが塩加減マジ最高。

私的には、やめられない止まらないせんべいNO.1です。

持ち運びも便利で保存も利く、どこの富山のお土産屋さんにいってもほとんど売っている人気商品。


特にささら屋では、せんべい焼き体験や究極のこだわりせんべい「一作凛ゝ」という5000円くらいするせんべいも売っており、ここのせんべいがやっぱり一番ですね。




ホタルイカの干物


しろえびが富山湾の宝石だったら、ホタルイカは富山湾の神秘といわれています。

春には、波打ち際で青く発光しながら身投げをするという富山で1番の不思議ちゃん。

そんなホタルイカの加工品は、ホタルイカの干物であったり、ホタルイカの沖漬けがあります。


さすがに刺身はお土産には難しいかもしれませんが、鮮度が命のホタルイカの刺身は料亭に行かなければなかなか食べることが出来ない。

味としては、クセのあるイカって感じでぜひ食べてみてほしい。




月世界


富山県の言わずと知れた銘菓である『月世界』

なんだかすごいネーミングですが、これは明治30年に創業した老舗店のお菓子。

100年以上も前に設立したそのお店の名前は月世界本舗。


月世界は、新鮮な鶏卵と和三盆糖、寒天、白双糖を煮詰めた糖蜜と合わせて乾燥した口当たりの良い上品なお菓子。

ブラックコーヒーとよく合う、和菓子だけど。
【明治30年創業】富山の銘菓『月世界』を食べてみた




宇奈月ビール


全国には地ビールが数多く存在していますが、富山県でも実はビールを製造している。

特に富山県はとにかく水が美味いからビールも美味い。

しかも、国際ビール大賞と全国酒類コンクールで数々の賞を受賞するほどの実力なのだ!


デザインは、全然ビールっぽくなくてオシャレでお土産に最適。

味は、すべてドイツビールを黒部の名水で作っており面白い組み合わせだ。

3種類の味が楽しめるのでぜひ飲んでみてほしい。
デザインが可愛い!宇奈月ビールを飲み比べてみた




高岡ラムネ


高岡市にある大野屋という老舗店で作られている「高岡ラムネ」

なんと1838年(天保9年)から菓子屋を始め現在で9代目になる老舗だそうです。

パッケージもオシャレで持ち運びも便利。


ラムネの形状は、職人さんが木型で1つ1つ手作りしているこだわり。

また富山に関連するカタチやご利益のあるカタチをしているのだ。

気になるお味は上品かつ繊細な味です。
江戸時代からの老舗!? 大野屋の「高岡ラムネ」




富山の地酒


日本酒は水が綺麗じゃないと美味しくならないため、水が綺麗な富山県にはたくさんの酒造があります。

その数はなんと19酒造!地方は酒好きが多いからなぁ。

普通に瓶でたくさんお土産として売られています。


ちなみに、富山の地酒が6種類も入っている「いやしの薬箱」はいろんな種類が楽しめるのでオススメ。

富山の薬屋名物の紙風船なども入っていて、お土産として最適です。
富山の日本酒一覧】美味すぎる地酒をまとめてみた




T5(ティーゴ)


富山県で宝暦2年(1752年)に作られた銘菓。

なんでも庭の木に気を取られ、思わず水たまりの薄氷を踏み割ったときの不定形にくだけた氷の美しさを銘菓にしたという。

銘菓にしては奇抜すぎるネーミングだが、観光庁が9品選出した「世界にも通用する究極のお土産」の一つに選ばれている。


味は、口の中でとける気品のあるさっぱりとした味。

江戸時代の庶民では、食べることが許されなかっただろう高級感。

見た目の美しさも郡を抜いてお土産にいいな。
富山から究極のお土産!薄氷本舗五郎丸屋のT五がすごい




富山の蒲鉾


富山の蒲鉾には板がついていません。

それだけでもなんだか面白いのですが、カラーバリエーションやデザインもたくさんあって目が離せない。

ネコの肉球のような「にゃんかま」バレンタインデー蒲鉾など、もうなんでもアリの富山の特産品。




氷見うどん


以外と知られていないのが、富山県はうどんが有名なこと。

こちらの氷見うどんは「手延べ」でうどんを作っている。

これは「手打ち」の十数倍は手間がかかる製法のために生産量が少なく、氷見でつくられる手延べうどんは、長い間「幻のうどん」と呼ばれていたことも。

独特の強いコシと粘り、モチモチした弾力性と手延べの良さであるツルンとしたのど越しと歯ごたえ、風味。

まさに富山県が生んだ『すごいうどん』
かつて幻と呼ばれた『氷見うどん』を食べてみた




大門素麺


江戸時代後期から伝わる伝統的な麺が「大門素麺」

砺波市の大門地区に伝わる素麺で、江戸時代後期から受け継がれている。

食感はというと、麺は太く、相当コシが強い。

味は・・・そうめんです。

値段も高めですので高級モノ好きの人にはいいかもしれません。
砺波伝統の丸まげ状手延べ素麺!大門そうめんを食べてみた




富山銘菓集箱


富山では有名すぎるスイーツ専門店『リブラン』

そんなリブランが富山を代表する銘菓を15種類も入れた玉手箱。

特に甘金丹は、全国菓子大博覧会「金賞」を受賞しているほど。

とにかく、いろんなお菓子があるのがいいですね。

リブランは他にもいろんなお菓子を出しているので、リブランという名前が入っていればオススメなので買ってみてください。
富山のお菓子を詰め込んだ「富山銘菓集箱」がお土産にオススメ




富山ブラック編



富山ブラックカップラーメン


富山ブラックラーメンがあるなら、カップラーメンももちろんあります。

本場の味ほど味が濃くはないですが、安くて富山感出ています。
黒すぎるカップラーメン!寿がきや「富山ブラック」




富山ブラックサイダー


あの塩辛くて胡椒の効いたラーメンの味をサイダーにしちゃいました。

おい、やっちまったな!

10人中3人はハマるというその味とは・・・瓶で重いけどお土産に面白いかも。
醤油と胡椒の香り!?その味とは一体「富山ブラックサイダー」




富山ブラックカレー


富山ブラックとカレーの相性がいいことは想像するに容易い。

それでたくさんのメーカーが富山ブラックカレーを出しているのですが、その中でも広貫堂のものがオススメ。

普通に富山県民でも食べるくらい美味しいです。
33種のスパイスと漢方の入った廣貫堂 富山ブラックカレーを食べてみた




富山ブラック風味キャラメル


あの甘いことが有名であるキャラメルからなぜか塩っぱいラーメン味と融合。

これはヤバい・・・。

実際に食べてみたのですが、とにかくヤバい。それだけはわかりました。
これはヤバい!富山ブラックラーメン風味キャラメルを食べてみた




富山ブラックポテトチップス


富山プラックとポテトチップス、どう考えても美味しいだろっていう組み合わせ。

食べてみると、あまり富山ブラックの感じがしないけど醤油の味がほんのりし、胡椒は少なく、普通に美味しい塩味のポテトチップスのようだ。

思っていた富山ブラック味とは違いましたが、お土産程度にはいいかもしれません。
富山ブラックポテトチップスを食べてみた




富山ブラックヌードルバー


もはや富山ブラックを乾燥させたらヌードルバーだよな。

実はあのベビースターラーメンも富山ブラック味は出していないのでここでしか買えない。

味はというと・・・ベビースターラーメンやないか!
黒胡椒が効いた富山ブラックヌードルバーを食べてみた




白えび編



しろえびカレー


かなりドロドロで具はあまりありません。レトルトにありがちなパターンですね。

味はというと、エビの味がする!
富山湾の宝石!しろえびカレーを食べてみた




柿の種 白えび風味


あの柿の種から白えび風味が登場!

パウダー感があり、白エビと思えばそんな味だと思うが、なんかハッピーターンの柿の種バージョンのようだ。
あの柿の種から北陸限定で白エビ風味が出ていた!




ベビースターラーメン 白えびらーめん味


こちらも大手お菓子メーカーから白えび味が登場!

スーパーで売っているようなベビースターラーメンよりも上品な味わいとなっています。
ベビースターから白えびらーめん味!どんな味なのか?




富山白えびカップラーメン


もちろん白えび味のカップラーメンも存在する。

白えびとラーメンは相性抜群で、そもそも白えびを使ったラーメンも売られていますね。
白えび香る芳酵スープ!寿がきや「富山 白えびラーメン」






ということで、お土産だけじゃなくて実際に何を食べればいいのか?

そんな方には【富山県民がおすすめ】これだけは食べてほしい地元グルメまとめを見てみてください。

観光地情報は【永久保存版】2017年 富山県民が本当にお勧めする観光スポットランキングをどうぞ。

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »