パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

宇奈月町に謎のモニュメント!?「想影展望台」とは

どうも、編集長のサクラです。


本日は、宇奈月町にやってきております。

ここには温泉があったり、黒部峡谷鉄道があったりと観光地でも人気があります。

そんな宇奈月ですが、なにやら変なモニュメントを発見しました。

温泉街というのに奇抜なアート。

なんだあれは。

近くに行ってみると、黒部峡谷の看板に出くわしました。

なにこれ、黒部峡谷っていう名前のモニュメントなの?

そう思いましたが、となりにちゃんとした名前がありました。

「想影展望台」

おもかげ展望台という名前で、アートじゃなくて展望台だったんだ。

早速、どのような景色が広がっているか見に行きましょう。

長い階段です。

今は春先だからいいけど、夏だったら虫めっちゃいるんじゃないか?

そして、展望台に到着しました。

展望台に行くのに、まさか階段を下るとは思っていませんでした。

とにかく変わった形の展望台です。

この線路みたいなのいるかな。

説明によると、スペインの建築家「エンリック・ミラーレス」さんが設計したもので、大空に鳥が飛び立つ雄姿を造形したそう。

これ鳥だったんだ。

景色はこちら。

右の滝のように流れてる用水の勢いがすごいな。

こう見ると、宇奈月は崖の上に旅館があるんですね。

黒部川の音を聞きながら黄昏れることが出来ます。

ということで、遠くから見たら謎のモニュメントでしたが、行ってみると展望台でした。

ぜひみなさんも、宇奈月に行ったときには展望してみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »