パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

富山初上陸!「魔法の美術館 2017」がマジで楽しいのでオススメ

突然ですがみなさんは、「魔法の美術館」をご存知だろうか?

実は、数年前から全国で開催されており、超体験型ミュージアムなのだ!

それがなんと富山県に初上陸しました!

さて、話題沸騰中の美術館ですが、その中身は一体どのようなものなのか?

クリエイターのサンソンが行ってきました。

何を創造しているの?と聞かれたら「二酸化炭素です。」と胸を張って答えます。

ということで、こちらが「富山市民プラザ」

魔法の美術館は2017年4月26日~5月21日まで、こちらの2Fで開催されています。

料金は、大人1,000円/大学・専門・高校800円/子ども500円(小~中学生)/未就学児無料

まず、入場してすぐの場所の真っ白な空間に足を踏み入れると…床が奏ではじめたじゃありませんか!

綺麗で、楽しいな。

なんども往復したくなります。

今度は、「Vertexceed」という三角形の部分を触れると、白い壁に様々な光の模様が浮かび上がるアート。

どんな感じになるかというと・・・。

はい。

この様に光の魔術師風な写真も撮れますのでオススメです。

続いての場所は「がそのもり」

白い本を手に持つと、そこから物語の世界が始まるという。






おぉ。


ちょっと、これは感動しちゃう。

続いて、「Immersive Shadow」という身体を動かして光のボールを動かすアート。

勝手にボールを相手にぶつけるゲームみたいに遊びました。

これは「SplashDisplay」

噴水のようにカラフルなビーズが舞い上がります。

なんか触ると不思議な感じ。

今度は「Lifelog_シャンデリア」

こちらはガチョウの羽根でできたシャンデリアだという。

これ作るのめっちゃ大変そうだな。

この小人みないなのは「TRANSFORM」

椅子に座って顔を撮影すると、なんと自分の顔をしたキャラクターがこのように箱の中に現れます!

空を飛んだり水中を泳いだり、笑える。

双子がなにかしているように見えるこちらは「Delay Mirror」

テーブルの前に座ると、少し遅れて「もう一人の自分」がテーブルの向こうに現れます。

自分で自分を褒めたい人は、リアルにそれが可能に見えるのでオススメです。

と、まだまだ紹介しきれない面白い光の遊びがあり、気がつけば1時間以上楽しんでいました。

まさに光が生きているかの様に体感出来る「魔法の美術館」は、大人だけでなく小さなお子様も楽しめる美術館だと思います。

 

皆さんも是非、光の魔術師になりに行ってみてください!

開催場所 富山市民プラザ2階アートギャラリー
開催時期 2017年4月26(水)〜5月21日(日)
開催時間 平日13:00~18:00/土日祝10:00~18:00
4/28、5/12、19の金曜日のみ20時まで延長
料金 大人1,000円/大学・専門・高校800円
子ども500円(小~中学生)/未就学児無料
ホームページ siminplaza.co.jp

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »