パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

【国宝】美しすぎる話題の高岡山瑞龍寺!ライトアップも綺麗




みなさんフォトジェニックしてますか?どうも、編集長のサクラです。


富山県民なら誰もが知っている国宝「高岡山瑞龍寺」

実は、2017年のフォトジェニックな国内の観光スポットで全国2位になるほど話題の観光スポット。

さらに国宝に指定され、日本遺産にも登録されていると聞けば異論を唱える人はいないでしょう。


夜には期間限定でこのようなライトアップもされており、最近ではプロジェクションマッピングも行なわれている。

美しい・・・美しすぎる!

これはもっと全国の人に知ってほしい、てか瑞龍寺の駐車場を見たら半分以上県外の車のナンバープレートだったけど、それ以上に!


ということで今回は、瑞龍寺の魅力を伝えるべくこちらにやってきました。

まず、こちらの瑞龍寺・・・読み方わかります?

正直わたしも最初はわからなかったのですが、瑞龍寺と書いて「ずいりゅうじ」と読みます。

富山県高岡市にある曹洞宗の仏教寺院だ。


拝観料は大人500円、中高生200円、小学生100円となっている。

まるで、観覧車にでも乗るようなお手軽な金額。

英語、中国語、韓国語にも対応しています。


まず、入り口には瑞龍寺法堂の鬼瓦がありました。

鬼瓦は建築物の端などに設置される板状の瓦のことですが、特に鬼がいるわけではありませんでしたね。


重要文化財となっている総門の手前に瑞龍寺の沿革がありました。




まてまて!


沿革より右の変な人物が気になるわ!

ドローんで撮ったような写真とナゾの人物をピックアップしてみましょう。


これは神聖な何かの、いや仏様なのかもしれません。しかし、これだけは言わせてください。

全裸のおっさんやないか。

しかも、あそこにあたるところには山門となっており、あそこにキ○タマがあるってことなのか?

気になりすぎる。


国宝となっている山門へは、このようなフォトジェニックな風景となっている。

これは10円玉に描かれている平等院鳳凰堂を連想させるくらいのシンメトリーさだな。

ちなみに、真ん中を堂々と歩くとすごく自分が偉くなった気分になるのでオススメです。


そして山門には、金剛力士像が二体待ち構えていた。




これがキ○タマってことなのだろうか?


こんな全身真っ赤な恐ろしいキ○タマが世の中にあるでしょうか。


右の金剛力士像(キ○タマ)なんかは、もっと怒っていて今にも殴りかかってきそうだ。

あまりの怖さにさっと通り過ぎました。


続いてやってきたのが、仏殿と法堂です。

こちらも負けず劣らず美しい。

そもそも瑞龍寺は、加賀二代藩主前だ利長公の菩提をとむらうため三代目藩主によって建立されたお寺です。

つまり、歴史も古く江戸時代初期の建造物でもあるのです。


法堂にはすでに神々しいオーラが放たれていた。

しかしわたしはというと「床掃除が大変そうだな」というあまりに庶民的な感想しか持ち合わせていませんでした。

中央では何やら人がたくさんいたので見てみることに。


これは和尚さんのありがたいお話ではないか。

せっかくなのでわたしも聞いてみると・・・あれっ?めちゃくちゃ面白い!

最近の話題も織り交ぜながら、そして笑いも織り交ぜながら素晴らしいお話じゃないか!

これはちょっとお寺に対する価値観変わっちゃったよ、面白いよお寺。


天井には、狩野安信の四季の百花草が描かれており、正面内陣の欄間には高岡という地名の由来と成った法王が刻まれていた。

絵が劣化していて肉眼ではよくわからなかったが、近くに説明書きと絵があったのでそれで理解できます。


続いてやって来たのが、大茶堂です。

ここは外壁や軒下を土蔵と同じ大壁とし、内部を土天井とした珍しい防火建築物となっているという。

そんな珍しいなら気になりますよね?それがこちら。







めちゃくちゃ普通やないか。


なんかわかりませんが、とりあえず走ったら気持ちよかったです。(良い子は走らないでね。)

まだまだ行くよー。


綺麗な通路をわたって、瑞龍寺を一周します。

ここには、調理場や禅堂があり、今はありませんが昔は浴室と七間浄頭(トイレ)があったよう。


通路の途中には、がっつり腹をえぐられた木製の鯉が吊るされていました。

ちなみに、禅堂の近くにあったのですが邪なことを考えているとこの鯉のようにされるってことでいいですか?

理由はわかりませんでした。


また、それぞれの部屋には神様がいて、写真は珍しい浴室の守護神「跋陀婆羅菩薩」です。

ちょっと、その・・・コワイですけど神様なのでそんなこと言ってられません。

あと気になったことといえば、下心があったから浴室の神様になったのかなぁと思った次第です。


今度は石廟を発見。

実はここには、前田利長、織田信長の骨が祀られているという。

マジか、織田信長がなぜここにも。


情報に寄ると、前田利長が織田信長を追善するために作ったとか。

まさか織田信長に恩義があったとは知りませんでした。

いろんな歴史がこうして繋がっているんですねぇ、だから歴史は面白い。


最後になにか瑞龍寺でフォトジェニックなものがないか探していたのですが、こちらの鋲(びょう)を見てください。

金色で美しいカタチをしていますよね。

花のようなこの鋲に女子が好きそうなものを発見しました。

そうです。よーく近づいてみてください。


鋲にハートがある!!!

かわいい、カワイイ、可愛い!

こんな和の集大成であるお寺にハートがあるなんて、もうギャップ萌えですね。

ぜひ、みなさんもインスタにアップしてみてください。


ということで、これから外国人観光客も増えていき、世界遺産も目指している高岡市の瑞龍寺。

今後も目が離せません!

全国で有名になりすぎる前にぜひ一度訪れてみてください。

     

ADDRESS 富山県高岡市関本町35
TEL 0766-22-0179
OPEN 9:00-16:30
CLOSE なし
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »