パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

地域観光ギャラリーの黒部多様性一家は見る価値アリ!

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですがみなさんは、黒部宇奈月温泉駅をご存知でしょうか?

情報によると、新幹線の駅名としては文字数と読みかな数ともに日本一の長さだそうです。

だからなんだと言われると、私は黙るしかありません。

そんな場所に、「黒部市地域観光ギャラリー」というのがありました。

私も実際に立ち寄るまで知らなかったのですが、かなり綺麗な施設となってます。

ゆるキャラもいた。

名前は「Field Museum」

なんか英語でカッコいいですが、中身はどうなんでしょう。

まず、地下にあるのがこのフィールド。

どうやら黒部付近の地図を歩いて、写真にある機械をかざせば観光地紹介画面が現れるという。

なんてハイテクなんだ!

こちらが実際の映像です。




むちゃくちゃ気球が邪魔してくる。


なにこの嫌がらせ。

でも、普通に観光地ポイントにかざせば説明画面が出てきました。

続いて、2階に上がります。

こちらはかなり広いスペースになっていて、いろんな黒部情報があるのです。

すごく綺麗でしょ。

でも、あんまり人がいないんだい。

中でも一番インパクトがあるのがこいつ。




なんて造形だ!


近づいてみましょう。

お父さんはカモシカで、お母さんはライチョウ、子どもはイワナとアユで、赤ちゃんは人間。

タイトルは「黒部多様性一家」

はっきり言って謎過ぎますが、実は彼らには物語があって、後はググってください。

続いて、富山湾の魚のコーナー。

ぬいぐるみを使っていて、なんだか可愛いですね。

・・・可愛いですね。

いや、そこは忠実に再現しなくてよくね?

ショッキング映像でした。

また、崖を登っている写真が撮れたり。

黒部の四季折々の映像が見れたりと・・・。

まぁ、そこそこの時間で飽きてしまいますが、黒部多様性一家を見るためだけに来てもいいかもしれません。

ぜひ、日本一長い新幹線の駅名に来た際には、こちらも立ち寄ってみてはいかがでしょう。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »