パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

もはやレトルトの粋を超えている「氷見牛カレー」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


子どもから大人まで、みんな大好き「カレーライス」

そんなカレーですが、富山県には様々なご当地レトルトカレーが存在する。

今回紹介するのは、氷見市から参戦のこちら。

「氷見牛カレー」

なんとお値段756円でした。

レトルトカレーにしては、めちゃくちゃ高いな。

しかし、パッケージにいる生産農家さんたちの顔を見ると、なんだか700円くらい・・・なんて思えてきました。

氷見牛だからそんなものなのかもしれない。

さて、そんなこちらのカレーは、富山柿里というレストランで作られているカレーだそうだ。

なんだか高そうなお店だな。

富山にこんなお店があったなんて。

しかし、製造所を見ると「大阪」でした。

なんてこったい、良い子は見ちゃダメ!

パッケージを開けるとこんな感じ。




かなり具沢山だ!


これは高い金を出しただけあって、期待できます。

フライパンで温めて・・・。

はい、完成!




氷見牛でかっ!


こりゃすごい、香りも濃厚です。

そのお味は・・・。




うんまっ。


なにこれ、めちゃくちゃ美味い。

すんごい味が濃くて、もはやレトルトの粋を超えてしまった。

これは、みんなに絶対食べてほしい!

ということで、さすがに高いだけあって、めちゃくちゃ美味い。

これが氷見牛なのかは、私の舌ではわかりませんでしたが、もうやわらかくてとろけちゃいました。

そこらへんのレトルトカレーとは別格だった。

ぜひご賞味アレ。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »