パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

南砺ふくみつ雪あかり祭りの巨大紙風船を追い続けた2日間

祭りと聞いたらじっとしてはいられないタイプの女、サンソンです。

血が騒ぐというよりか、お腹が空きます。

「南砺 ふくみつ雪あかり祭り」が開催される南砺福光道の駅にやって来ました。

雪まつりの名に恥じぬよう、雪がしっかりと積もっています。

何なら祭りの最中も降っていました。

祭りと行ったら、食を楽しめるのも醍醐味ですよね。

地域の名産品などの店が沢山出店しています。

だが、今回の目的は食ではない。




巨大紙風船なのだ!

スポンサードリンク

南砺ふくみつ雪あかり祭では、和紙を張り合わせた紙風船が冬空に高く浮かび上がる。

なんとも幻想的な世界を創り出す。

これは、楽しみだ!

鮎食ってる場合じゃねぇ!!(鮎とっても美味しかったです。)

巨大な紙風船を上げようと準備をしています。

空に浮かぶ姿早く見たいなー!

待てど暮らせど、なかなか上がらない巨大紙風船。

終いにはブルーシートで覆われた!

事件か?事件なのか?

びっくりするぐらい思わせぶりな巨大紙風船。

これは…全く付き合う気がないくせに、やけに優しく気のある素振りをする思わせぶり男に似ている!ドキドキを返せー!

と昔を思い出していたら、風が強い為上げる事が出来ないとの情報を隣のカメラを構えるおじいちゃんが教えてくれました。

ありがとう、情報通のおじいちゃん。

巨大紙風船はどうやら天候との戦いみたいです。

残念ながらこの日は巨大紙風船が空を舞い上がる姿は見れなかったので利賀そば食べて帰りました。




2日目




巨大紙風船が見たい欲が疼いて再びやって来ました。

「2日目の夕方は多少風が強くても燃えるの覚悟で巨大紙風船上げるよー。」と地元住民から情報を得たので夕方にやってきました。

巨大紙風船上がってるー!

空に浮かぶ巨大紙風船をやっと拝めました。

応募された版画年賀状イラストや、企業やお店の広告が描かれています。

鳥のイラスト多めです。

あとは安定の立山くん。いつもご苦労様です。(敬礼)

何はともあれ巨大紙風船上がって良かった!

会場にはちびっ子大歓喜のソリ遊び場があったり、演奏会やダンスなどの催しがあったりと老若男女、地域の人たちや他所から来た人たちも皆が楽しめるお祭りとなっていました。

また来年も、巨大紙風船を拝みに来ようっと。

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »