パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

世界中のハーブティーが楽しめる「HYGGE(ヒュッゲ)」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


最近ダウンジャケットを愛用してるんですけど、よく羽が抜けるんですよね。

着るたびに羽が抜けていくもんだから、どんどんダウンがしょんぼりしてきて。

きっと、羽がすべて抜けたときに、春が来るんだろう。

そうして、羽が抜けながらやってきたのが朝日町にある「HYGGE」

ここは2015年の夏にオープンしたハーブ専門のカフェとなっている。

コーヒーのお店とかはあるけど、ハーブティーのお店ってなかなかないよね。

ちなみに、「HYGGE」はデンマーク語で「大切な人たちと過ごす居心地の良い時間や空間」

ハイジと読めそうなローマ字に、こんな意味が込められているとはデンマーク語ってすごいな。

店内は、古民家をリノベーションした和の空間。

畳にテーブルとは、和洋折衷ですなぁ。

木の温もりが暖かく、夏は涼しそうですね。

早速、ハーブティーを飲んでみましょう。

メニューを見ると、それはそれは、むちゃくちゃ種類があるではないか。

シングルハーブティーだけでもこの数です。

店内にある販売コーナーを見れば、実物のハーブも見ることができる。

これらは世界中から取り寄せられたハーブたち。

色合いもデザインも含め、ハーブってオシャレだなぁ。

その中でも気になったのがこれ。

「恋の予感」

街コンに行っても婚活に行っても、生まれてこのかたそんなの感じなかったけど、こんな身近にあったんですね。

これは感じるしかない!

鮮やかなピンクのものが「恋の予感」で、奥のものがオリジナルブレンド「HYGGE」です。

3分蒸してからカップに移すのですが、すでに良い香り!

星野源の「恋」の曲がちょっとづつ耳元で大きくなっているみたいな感覚。

カップに入れると、バラの香りがすごいしてくる。

話によると、天然のビタミンCも豊富に含まれており、心も体も恋の予感!

なんかアニメとかで、これを飲んで一番最初に見たものを好きになるって描写がありそう。

それで、一番最初に見たものがハーブティーで、また飲んで好きになって、エンドレスに飲み続けるというオチがあってもおかしくない。

お好みに合わせて、魚津の桃山リンゴジャムを加えることもできる。

甘酸っぱくて美味しい。

ランチには、朝日町のコシヒカリとアートの古代米を使用した今月のカレーを注文。

ここでもハーブのスパイスが利いた辛くてヘルシーな味わいとなっている。

もし小腹が空いたならフランス発祥のケーキ「ケークサレ」

甘いケーキではなく、野菜やお肉の入った塩味のお惣菜ケーキとなっている。

そして、こちらが店主の坂口さん。

生まれも育ちも東京だが、縁あって朝日町に移住。

生産者と消費者をつなげる仕事がしたく、ハーブが好きということもあり、お店を開業したという。

「オリジナルブランドのハーブティーもたくさんあるので、ぜひ1度飲みに来てほしい」とのこと。

店内には、朝日町の作家さんたちの作品などもあるので、少し足を運んでみるだけでも楽しい。

ハーブ教室やワークショップなども定期的にやられているので、ぜひ興味のある方はfacebookホームページをご覧ください。


ということで、ぜひ朝日町に来た際は、ここでゆっくり過ごしてみてください。

     

ADDRESS 富山県下新川郡朝日町沼保925
TEL 0765-32-3818
OPEN 10:00-18:00
CLOSE 水、木曜日
Parking 7台あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »