パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

買える店はどこ!? 人気爆発の日本酒「勝駒」とは

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは日本酒が好きでしょうか?

もし嫌いだという人がいるとすれば、その人にとって、この記事の価値はゼロです。

説明するまでもなく、日本の酒である日本酒は全国様々な場所で製造されていますが、今や人気爆発により入手困難となっている日本酒が富山県にはあります。

それがこの「勝駒」

通常、数千円のものが、今や数万円という、バブルにもほどがあるだろ。

しかし、この勝駒はなぜここまで人気になったのか。


勝駒が人気になった理由


勝駒を作っているのは、清都酒造場であり、1906年に開業した老舗店。

富山県内で一番小さい蔵で、地元高岡の銘酒として親しまれてきました。

それは、北陸で平均精米歩合がNo1とうわさされる程の限界の造り。

造り手は僅か五人でで、量産をしない、アイテムは増やさない、「不容偽」(偽りを容わず)を掲げ、酒質第一の酒造りをしている。

これが、酒屋の生き残りをかけた究極の造りを実現している。

スポンサードリンク

どこで購入できるの?


実は現在、数も少なく、人気が出ているため、ネットで買おうとすると数万円する。

そのため、富山で購入するのが価格も安く、ベターな選択と言える。

私の知っている中で、勝駒を確実に購入できるお店はこちら。

「酒商田尻本店」
DPP_2999

岩瀬に位置するこの店は、外装も内装も綺麗で先進的。

ホームページには、このような記載がある。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-26-8-28-36
画像引用 「酒商田尻本店 ホームページ」より

勝駒はおかげ様で人気が出まして、常に品薄状態です。お一人様一本にさせていただいております。ご理解の程よろしくお願いします。

ちなみに、こちらのお店は、勝駒だけでなく、様々な富山の銘酒もあるのでオススメです。


ということで、ぜひ富山にお越しの際は、勝駒だけでなく他の銘酒も購入してみてください。

「満寿泉 勝駒 立山など、富山の美味すぎる日本酒を一挙公開!」という記事も書きましたので、こちらも参考にどうぞ。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »