パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

なんだこれは!県外の人が驚く「昆布パン」を食べてみた

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですがみなさんは、富山県民が昆布大好きだということをご存知だろうか?

というのも、富山県は昆布消費量が全国一で、別に昆布を作っているわけでもないのに食いまくってるわけです。


そんな富山県だからこそ、こんなものがありました。

sweets071
画像引用 「高岡昆布百選」より

ひとめ見ただけでは、カビの生えたチーズのように見えるかもしれませんが、待ってください。

実はこれ、昆布パンなんです!


上品そうに見えますが、全然スーパーとかコンビニとかに売っていて、価格も150円ほど。

dpp_2706

ということで、買ってみました。

どうやら、「さわや食品」が作っているようで、富山県民ならどこかでこのパッケージを見たことがあるはず。

むしろ、このパッケージを知らない人は、コンビニに行ってもカップラーメンかオニギリかジュースしか見ていない人でしょう。

dpp_2711

お皿にのせると、なんかピザみたいな形状ですね。

なぜ、三角なのか?と聞かれれば私は答えることができませんが、たぶんピラミッドが三角なのと同じ理由でしょう。

dpp_2712

横から見ると、このように昆布が生地から飛び出している。

野原しんのすけのお父さんのあごって、こんな感じだったような気もしますね。


早速、食べてみましょう!

dpp_2707

パンを割ると、以外と弾力があって、中はふわふわ!

ただ1つ、普通のパンと違うことは、そこに昆布が入っているということ。


果たして、パンと昆布は合うのでしょうか!?

dpp_2713

あー・・・。

うん、まぁ、その・・・アリと言えばアリかな。


昆布は柔らかく、思った通りの塩気です。

あとは、なんか、パンの中に日本海を感じました。

dpp_2708

ということで、この昆布パン。

持ち運びも便利で、食べやすい形状なので、今度は海に行って食べたいと思います。


県外の人のお土産にもいいかもね!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »