パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

親子でずっと楽める!東福寺野自然公園に行ってきた

どうも、編集長のサクラです。


突然ですが、天気が良い日。人は、どこに行くと思いますか?

海?山?川?街?・・・違います。

天気がいい日に行きたい場所1位は、公園です!(定年退職後のおじいちゃん1000人に聞きました。2位は「庭」)

ということで、本日は滑川市の「東福寺野自然公園」にやって来ました。

なんでもここにはすごいアミューズメントがたくさんあるということを聞きつけて、確かに公園に来たはずである。

だが、目の前にあるのは「東福寺野自然公園駅」




・・・駅?


そうか・・・ここから電車に乗って東福寺野自然公園に行くんだな!

DPP_0964

駅に入ると、チケット代として210円とられました。


私 「おばちゃん、電車は一体どこに行けば乗れるの?」

受付のおばちゃん  「あー奥に行ったところにあるよ。」


・・・やはり電車に乗って、公園に行くんだ。

DPP_0956

駅には、安価な地図があった。


きっと、受付のおばちゃんが夜なべをして作ったのだろう。

そう思うと涙が止まらない。

DPP_0958

入口を出るとすぐ近くに札幌にある時計台のような時計台があった。


これは、札幌時計台!?

なぜ、こんなところに・・・。

なんか右下の窓から目線を感じたので、時計台に行ってみることにした。

DPP_0973

右下の窓には人影が消えていた。

ちなみに、海の見える時計台というらしい。

中に入ってみましょう。

DPP_0974

そして、時計台の中に入ってみたが、海は一切見えなかった・・・。




ちくしょう!


騙しやがったな!

代わりに、滑川市山王町出身の高階哲夫氏の作品展があった。

あと、この時計台、本当に札幌の時計台と全く一緒らしい。

DPP_0963

時計台を出ると、なにやらふわふわドームというものを発見!

なにその気持ち良さそうなの。

基本的に楽しいことと気持ちいいことしか興味がないので、ふわふわドームへ。

DPP_0960

遠くから見ると、子供たちがとっても楽しそうにふわふわドームでふわふわしている。


うん、おっぱいみたい。滑川のおっぱいだな。

もう右の子なんてふわふわしすぎて、宙に浮いているみたいだ。

アップにしてみよう。

DPP_0978




むちゃくちゃ飛んでた。


なんか2倍くらい飛んでないか?

ちょっととなりの男の子も「えっ、ダルシムじゃね?」と驚いているようです。

DPP_0965

続いて、展望台(わんぱく砦)というものを発見。

全然、わんぱくの意味がわかりません。

ただ、展望台というのだから、景色は気になるところ。

DPP_0966




微妙だった。


電線が邪魔だし、緑の多さもおしい。

ただ、富山湾までよく見えるなぁ。

DPP_0967

違う違う、わたしは電車に乗りに来たんだ。

途中にあるローラー滑り台の誘惑に10回くらい負けてから、我に戻った。


この滑り台、超楽しい。

DPP_0962

そうして、ようやく電車に着いた。


しかし、なんだか動く気配も線路もない。

実はこの電車、SLでありSLホテルだった。

な、なんじゃこりゃー!

昔使っていたSLをホテルにし、さらに改築して今にいたるという。

DPP_0975

SLホテルなんて泊まったことないよ。

てか初めて見た。

なんかちょっとテンションあがった。


1室1泊 11550円らしい。ラブホかよ。

DPP_0961

電車を後に、先へ進むとバーベキュー場があった。

そこでイカダに乗ることができるという。

転覆は意外としないんですね。

DPP_0970

そして、次に現れたのがファミリーパークゴルフ場。

ファミリーパークて、動物園かよ。(富山市ファミリーパークは、富山県で一番大きな動物園です。)

DPP_0971

ゴルフ場を回っていると、何を勘違いしているのかおじさんたちがゲートボールをしていた。


いや、良く見たらパターゴルフだった。

おじさん=ゲートボールという価値観は捨て去ろう。

DPP_0969

もう東福寺野自然公園をいろいろ見たが、まだ旅は終わらない。


ちょっと一休みするために、岩城家に行くことに。

なんか相当古い家ということしかわからに。

DPP_0968

おじゃましまーす!


家の中には、骨董品のようなものが展示されていた。

それ以外は、ただただ広い畳スペースがあるだけでした。

DPP_0967

ここは一体、なにをするところなのだろう。

途中にあるローラー滑り台の誘惑に13回くらい負けてから、我に戻った。


とにかくこの滑り台は楽しい。

DPP_0957

わたしは帰り道、トラクターのぴかトラ号に乗りながらも考えた。

「東福寺野自然公園」とは何だったのか。

ちなみに、このトラクターは定期的に運行しているので、足腰も疲れないし、なんでトラクターだよ。

DPP_0972

駅をあとにしようとしたとき、声が聞こえた。

??? 「きっと、家族が楽しく過ごせるところなんよ。」

振り向くと、そこには受付のおばちゃんがウィンクをしてきた。


そうか、1人で来るからよくわからなくなるのか。

わたし・・・。




婚活する!!

     

ADDRESS 富山県滑川市東福寺野41
TEL 076-474-1141
ホームページ 東福寺野自然公園
CLOSE 12月〜3月
Parking あり

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »