パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

富山から究極のお土産!薄氷本舗五郎丸屋のT五がすごい

dpp_2593

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですがみなさんは、富山県で宝暦2年(1752年)にあの銘菓を生み出したお店をご存知だろうか?

彼は、庭の木に気を取られ、思わず水たまりの薄氷を踏み割った。

その不定形にくだけた氷の美しさを銘菓に込めたという。

01

それが、富山県小矢部市にある「薄氷本舗五郎丸屋」

特に、ここの薄氷は、禁裏や加賀藩主前田公より幕府に献上され、明治以降は、宮内省をはじめ茶道界からも支持されてきました。

dpp_2586

今回紹介するお土産は、そんなお店が作った革新の一品。

T五(ティーゴ)です。

dpp_2587

一見、銘菓にしては奇抜すぎるネーミングだが、観光庁が9品選出した「世界にも通用する究極のお土産」の一つに選ばれている。

薄氷のように口の中で溶け、その味も5種類!

dpp_2588

ということで、早速、どんなものか食べてみましょう!

包装も、このようにピンク、グリーン、イエロー、ホワイト、ブラックの5色で表現。

dpp_2589




なんか、五郎丸屋の外観が出てきた。


なにこれ。

dpp_2598

紙を開いてみると、お菓子の説明が書いてありました。

気品の溢れる感じが出ています。


さらに、包装を開けていくと・・・。

dpp_2591

いた!


めちゃくちゃふわふわの包装に包まれていました。

これならお尻で踏まれても大丈夫、痩せている人なら。

dpp_2590

・・・美しい。


これは、美しすぎる銘菓だ。

色合いと形状とデザイン、まさに歴史ある銘菓に革新を与えている。

dpp_2592

早速、お茶と一緒にいただきましょう。

基本的に素材は、砂糖でできており、色と味は天然素材を使用したこだわり。


そのお味は・・・。

dpp_2594

く、口の中で・・・とける〜!!!


気品のある、さっぱりとした味。

例えるなら、昭和にあった財閥の社長令嬢のような気高さ。

庶民には、もったいない味やわぁ。

dpp_2595

そんな銘菓を、ボロボロの宿で食べています。

これもなにか昭和っぽくていいですね。

藤子不二雄のトキワ荘みたいでいいですよね!

dpp_2596

ちなみに、このT五の購入は、現在、本店に行くか一部の百貨店にしか売っていないそうです。

もったいなすぎる。


ぜひ、富山にお越しの際は、駅前に売っていますのでお土産に買ってみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »