パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

ドラえもんの空き地がある!高岡おとぎの森公園

どうも、編集長のサクラです。


みなさんはここがどこだかわかりますか?

あまりに広大な景色で、どこかわからないかもしれませんが、ここは高岡市の公園なのです!

それが「高岡おとぎの森公園」

ちなみに、私がいた場所は、このおとぎの森館という建物で、そこから景色を眺めることが出来ます。

展望室は3階になっており、エレベーターでしか行くことができません。

また、時間も17:00までとなっています。


そして、この公園のもうひとつのポイントが次の写真。






ド、ドラえもん!?


そう、実はドラえもんの作者である藤子・F・不二雄は、富山出身の漫画家なのです。

近くに行ってみましょう。

これは、ドラえもんとのび太がよく遊んでいる、あの空き地を再現しているようです。

むしろ、あの空き地はここにあったのですね!

IMG_0251

ちなみに、土管の中には入れませんでした。(冬撮影)

あと、しずかちゃんのスカートも見れません。

そんなおとぎの森公園ですが、他にもいろいろあるみたいなので、探索していきましょう!

まず気になったのがメルヘンガーデン

実は、5月下旬から6月にかけて、ここにはバラが咲き誇る。

普通の公園にバラがあるなんてすごいですね。

この空間だけ、すごいいい香りがして、なんだかおとぎの世界に来たみたい。

バラと一緒に写真を撮って楽しめます。

今度は、さきほどのおとぎの森館の地下回廊。

なんでも自然や生き物について学ぶことが出来るという。

IMG_0229

なんだか暗い空間でコワイですが、植物から動物、海のコーナーまであった。

IMG_0236

ちなみに、クイズや仕掛けのようなものがたくさんあって、一見、何が写っているかよくわからないところも・・・。

IMG_0235

大きな虫めがねから覗き込むと、プランクトンの絵が浮かび上がってくる。

こどもは喜ぶのかなぁ?

さて、今度は、大きな広場に行ってみましょう!

なんでも名前が森のお祭り広場みたい。

なんてネーミングしてやがる。

かなり広い芝生があり、みんな野球やバトミントン、フリスビーなどをして楽しんでいた。

しかし、ここで気になる建物が。

目の前にあるのは風の砦というみたい。

こりゃ行くしかないでしょ。

風の砦は名前の通り、子どもたちによって要塞のようになっていた。

登ろうとすると、「侵入者だ!」とめちゃくちゃざわざわされた。

最近の子どもはエキセントリックだなぁ、ハハハ。


ただ、景色もなかなかよく、おとぎの森館がUFOみたいに見えました。

他にもアスレチックや水遊び場などがあって、子どもが遊べる空間がたくさんあった。

足を洗う場所も、井戸水みたいで面白かったし。

ということで、季節によってはバラも楽しめるので大人が来ても楽しい。

もちろん子どもがいれば、年中楽しい場所になります。

最終的に、近くに高岡イオンがあるので、そこでご飯を食べたり買い物できて充実した1日になるでしょう。

ぜひ、県外の人もドラえもんの空き地を見に来てみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »