パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

見えそうで見えないもどかしさ!?第38回「銅像評論会」

dpp_2490

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


やってきたのは、富山市の松川べり。

ここには、「松川べり彫刻公園 水と緑のプロムナード」という、なんでそんなところ作ったよ、って散歩道がある。

DPP_3067

春には、桜の名所として有名な場所になりますが、それ以外の季節は、銅像の名所になるのです。

今回紹介するのは、こちら。

dpp_2489

・・・なんかすごいことなってる!


しかも、下半身裸の状態で上着を着てて、さらにそれを脱ごうとしていて、ノーブラ。ここ大事。

美しいと言えば、美しいけど。

おっぱいの方に近づいてみましょう。

スポンサードリンク

dpp_2490

うぉー!!!

見えそうで見えないアングル。

なにこのもどかしくて悔しい感情は!


一体、タイトルはなんなんだ?

dpp_2491

『眼を閉じた時』




なんかダメ!


ダメだよ、これ作った人に部屋を覗かれてたよ、きっと。

ということで、評価は。

美しさ ☆☆☆☆
芸術度 ☆☆☆☆
タイトル ☆☆☆
見えそうで見えない度 ☆☆☆☆☆

もどかしくて、思秋期にぴったりの銅像でした。

次回もこうご期待!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »