パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

富山だけじゃない!全国の変わった空港名を7つご紹介

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんは「富山きときと空港」をご存知でしょうか?

「きときと」とは、富山弁で「新鮮」という意味なのですが、ここだけの話。


めっちゃダサくないですか?


ほんと、ここだけの話ですよ?

DPP_2732

それで、さすがに富山だけじゃなくて、他の空港も変な名前があるだろう。

そう思って、調べていったら・・・結構あったんですよ。

まぁ、センスのいいなぁって空港もありましたけど、富山くらいダサい空港名もありました。


ということで、本日は、その全国の変わったネーミングの空港を7つご紹介します。

スポンサードリンク

鳥取砂丘コナン空港


img_8778
画像引用 「鳥取空港ビル株式会社」

鳥取県と言えば、鳥取砂丘。

さらに、人気漫画『名探偵コナン』の作者、青山剛昌さんは鳥取出身なんですね。

2つの鳥取の観光名所を付けたネーミングだ。


殺人事件が起こりそうな空港です。




宮崎ブーゲンビリア空港


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-44-49
画像引用 「宮崎空港ビル株式会社」

ブーゲンビリアとは、オシロイバナ科ブーゲンビリア属に属する熱帯性の低木。

花言葉は「情熱」「告白」「あなたしか見えない」。

かつてのハネムーンブーム、現在の恋旅、そして宮崎の気候と人の温かさを表現するネーミング。


ちょっと、ラブホみたいな書体ですね。




おいしい山形空港


e81abe6be232e76050ecb0f37798bff4
画像引用 「山形空港ホームページ」

さくらんぼやメロンなど、山形は「食」というイメージが強い。

さらに、「食、景色、祭り、温泉などすべてがおいしい。」そんな思いも込められているようです。

おいしい庄内空港に加え、山形県で2つ同時に付けられました。


このネーミングは、ちょっと行きたくなるな。




セントレア


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-43-02
画像引用 「愛知県ホームページ」

セントレアと言う名の、「中部国際空港」

英語で中部地方を意味する「central(センター)」と、空港を意味する「airport(エアポート)」を組み合わせて作られた言葉。


響きもいいし、愛知にあるからカッコいい気がする。




出雲縁結び空港


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-41-29
画像引用 「出雲縁結び空港ホームページ」

言わずと知れた古来から続く神社、出雲大社にあやかって愛称にされた空港

空港に降り立つだけで縁がありそうな素敵な名前です。


出雲縁結び空港って名前が可愛いくて、女子受けしそうですね。




徳島阿波おどり空港


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-42-17
画像引用 「徳島阿波踊り空港ホームページ」

徳島の伝統芸能を空港名にした。

お盆には、空港で阿波踊りが披露されるという。


すごく騒がしそうな空港ですね。




米子鬼太郎空港


%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-10-17-40-44
画像引用 「米子鬼太郎空港」

鳥取県出身の漫画家原作水木しげるさんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」にちなんで名付けらた。

そしたら、富山県も「富山ドラえもん空港」にできるんじゃないかな。


てか、名探偵コナンとゲゲゲの鬼太郎って、両方、鳥取県か!




DPP_2761

ということで、みなさんも富山きときと空港にお越しの際は、他の空港も思い出してみてください。

お寿司おいしいよ。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »