パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

チューリップが咲き誇るおとぎの国!?第30回「銅像評論会」

DPP_2021

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


やってきたのは、砺波市の「チューリップ四季彩館」

ここは、1年中チューリップを見ることができる世界で唯一の博物館だそうだ。

DPP_2020

そんなところに、本日はチューリップを見に来たわけでも、博物館を見に来たわけでもありません。

銅像を見に来ました。

ちなみに、この画像で気になっている方もいるかもしれませんが。

d20201-001

こちらになんと妖精が飛んでいます。

それはそれは、きっとティンカーベルのように可愛い、どこかスカートなのに空を飛んじゃう、おっちょこちょいがいるのでしょう。


ちょっと近づいてみましょう。

DPP_2022




嘘でしょ。


朝からヤバいものを見てしまいました。

きっと、ティンカーベルなんて映画の世界だけで、現実の妖精はおっさんなのでしょう。

ということで、ここからが本題です。

スポンサードリンク

DPP_2021

こちらが、チューリップ四季彩館きっての銅像。


その・・・男らしいです。

球根というか、なんかの根というか。

また、先端の生えている部分は、黄金に輝いており、さきほどの妖精たちが飛んでいます。

なにこれ。


ということで、評価は。

美しさ ☆☆☆☆
芸術度 ☆☆☆☆
タイトル
男らしい度 ☆☆☆☆☆

見ようによっては、すごい作品ですね。

次回もこうご期待!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »