個人の趣味が美術館になる「西田美術館」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


上市に向かっている途中に、西田美術館はこちらという看板を発見した。

スポンサードリンク

誰だよ。


そう思ってしまったのが関の山。

車は自然と西田美術館へ向かっていた。

DPP_0932

美術館の横には、富士化学工業があった。

そう。

西田美術館は、富士化学工業の創設者。

西田安正が個人的に海外で直接収集した美術品を中心に展示している美術館だったのだ。

会社でたらふく儲けた資産、それで、絵画などを趣味で集め、
美術館にするまで買いあさったマッドアーティストやろうだぜ。(注意;本当は会社を作ったすごい人)

DPP_0931

美術館は、普通の建物を無理矢理美術館にしたような構造だった。

だが、金メッキで固められた西田美術館という文字は、富豪の象徴だ。

DPP_0933

館内は、西田安正の趣味で、オリエント文化からシルクロードを経て中国に至る陶磁器・彫刻作品を集めている。

700点を超えるコレクションは、この種の美術館では全国的にも稀なものといわれているらしい。

DPP_0945

ただ、ホームページはちょっとオシャレな感じに作っている。

asas

外には、アルプル山脈と工場の敷地。

なぞのモニュメント。

パターゴルフができそうな広場があった。

DPP_0934

西田安正は石集めも趣味でやっていたらしく、様々な都道府県の石が飾られていた。

ますます無邪気なイメージをもってしまう。

西田安正。ただ、富士化学工業を作った天才ぶりは参考にしなければならない。

DPP_0935

・・・きっとここには、もう二度と来ないだろう。ありがとう西田安正。


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県中新川郡上市町郷柿沢1‎
TEL 076-472-0061
OPEN 9:30~16:30
CLOSE 月、火曜日

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る