パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

10月1日全国公開となる比嘉愛未演じる富山が舞台の映画「カノン」

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


みなさんは、富山県が一部舞台となっている映画「カノン」をご存知でしょうか?

映画「カノン」は、もうすんごい女優たちが出てくる映画なのだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-15-16-04
画像引用 「カノンホームページ」より

映画は、それぞれの三姉妹が、祖母の葬式のために集まった際に、死んだと聞かされていた母親がアルコール性認知症を患いながらも生きていることを知り、絆を確かめ合いながら成長していく姿を描いた。

富山で教師として働く主人公の次女・岸本藍役に比嘉、東京で専業主婦をしている長女・宮沢紫(ゆかり)役にミムラ、石川・金沢で老舗料亭の新女将となった三女・岸本茜役に佐々木が扮する。

スポンサードリンク

公開されている予告編では、母親へのわだかまりを抱えたまま大人になり、それぞれ別の街で恋や家庭、仕事に奮闘する三姉妹の姿が映し出される。

富山で母親との再会を果たすも怒りや悲しみを乗り越えられないでいたが、やがて過去を振り返り、現在の自分と向き合っていく三姉妹。

最後には、3人で母娘の思い出の曲「カノン」を奏でる様子が収められ、感動の結末を予感させる。


新しく富山市にできた映画館で見に行きましょう!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »