パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

富山県で小規模地震が8月から400回超に!? 気象台が注意呼び掛け

DPP_0746

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山地方気象台が9月20日に、富山県立山町など県東部を震源とする小規模な地震が8月以降、400回超も観測されたと明らかにしました。

9月19日には、地震の規模がマグニチュード(M)2程度に上昇しているという。

スポンサードリンク

震源が地表に近いため、規模が小さくても落石や滑落につながる揺れが起きる恐れがあるとして、気象台は登山客に注意を呼び掛けている。

本サイトでも、以前、「実は可能性が高い!富山でも大地震が起きる調べてみた」という記事を書きました。

p_hyoka02_1L

政府の地震本部が公開している資料によると、今回の震源に近い場所にある断層は牛首断層帯や跡津川断層帯で、牛首断層帯は最大でM7.7程度。

震源域から南西約10キロにある北アルプス・立山連峰の弥陀ケ原のマグマ活動に変化はみられず、火山との関係はないとしている。


まだ、原因はわかりませんが、いつなにが起きるかわからないことを心に留めておきましょう。

参照 「富山東部の小規模地震やまず 400回超に 8月以降で 立山の火山活動は関連なし? 落石など注意喚起 気象台」

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »