パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

いちご好き歓喜!夏秋にも食べられる氷見の苺『すずあかね』

女の子だったら年中いちごを食べていたい!

No strawberry No life.サンソンです。


ということで、毎日いちごを食べていたいのですが、苺の季節って春じゃないですか。

だから、苺を食べない季節なんて、空気のない地球と同じくらい息苦しい。

dpp_2443

しかし、みなさん上の画像をご覧ください。

夏と秋なのに、いちごがこんなにわたしの手元にあります。

実は、富山県の氷見市で2016年から、四季なりイチゴ「すずあかね」の栽培を始めたのです!

スポンサードリンク

北陸では初の栽培であり、この苺を求めて、北陸では戦争が始まる危険性も。

dpp_2442

古代ローマ人がコショーを求めてインドにやってくるように、わたしも苺を求めて氷見にやってきたのです。

この苺は、氷見市の洋菓子店やスーパー、JAグリーンひみに出荷しています。

店頭では1パック(300グラム)680円で販売。

この時期にイチゴが並ぶのは本当に珍しい。

dpp_2445

お皿にのせると、割と小粒な感じです。

ただ、胸も大きければいいというわけではないように、苺も大きければいいわけではありません。

dpp_2446

ということで、早速、1粒食べてみましょう。

この季節に苺とは、粋ですなぁ。

dpp_2448

味はというと・・・先に酸味があって、あとから甘みがやってきます。

うん、普通に美味しい!

通常は製菓店や業務用として使用されますが、このように甘みがあるため、生食用としても出回っているのです。

dpp_2447

ということで、この「すずあかね」

氷見市にある株式会社RKナーセリー建装が栽培しているようで、もしゲットできる機会があれば、夏秋にも苺を食べてみてください!

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »