パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

富山県で小規模地震が300回も!? 気象台が注意呼び掛け

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山地方気象台が9月16日に、富山県立山町など県東部を震源とする小規模な地震が8月以降、約300回観測されたと明らかにしました。

9月12日頃からは、さらに活発となり、地震の規模がマグニチュード(M)2程度に上昇しているという。

スポンサードリンク

そのため現在、気象台が観光客らに注意を呼び掛けている。

本サイトでも、以前、「実は可能性が高い!富山でも大地震が起きる調べてみた」という記事を書きました。

p_hyoka02_1L

政府の地震本部が公開している資料によると、今回の震源に近い場所にある断層は牛首断層帯や跡津川断層帯で、牛首断層帯は最大でM7.7程度。

また跡津川断層帯は最大でM7.9程度の地震が発生する可能性があるが、今後30年以内の発生確率はいずれも「ほぼ0%」とされている。

まだ、火山の影響かどうかはわかっていないという。


災害が少ない富山県ですが、いつなにが起きるかわからないことを心に留めておきましょう。

参照 「富山東部で小規模地震頻発 8月以降300回、気象台が注意呼び掛け」

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »