住吉紀与志の傑作陶器が手に入る「東福寺窯」

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


滑川市の東福寺野自然公園へ行く途中に、「東福寺窯」という看板があった。

スポンサードリンク

東福寺窯?

陶器にあまり詳しくないぼくは、興味本位で行ってみることに。

DPP_0930

お店は、陶芸屋というよりも民家のようだ。

インターホンまでちゃんとある。とりあえず、押してみた。

ピンポーン


・・・

「はーい。」

ドアを開けると、そこには髭の生えた優しい顔のおじさんが出てきた。

DPP_0929

そう。そのおじさんこそが、東福寺窯を作っている住吉紀与志さんだった。

話によると、江戸時代末期からある東福寺焼をこの人が独立して、自分で東福寺窯と改名し、陶器を作っているという。

DPP_0925

綺麗に並べられたその陶器たちは、どこか品がある。


それもそのはず。

1つ10000円以上する品がたくさんあるのだ!

毎月お米と30000円だけで暮らしているぼくにはとても買えない。

DPP_0926

そして、北日本新聞社に撮影されたおじさんの写真。

なかなか男前な写真になっている。


こうやって1人で陶器を作っているわけか。まさに伝統工芸!

DPP_0928

そうやって、かれこれ30分くらいお茶を飲みながら、おじさんと喋っていたのだが
陶芸教室や、展示会にも多々参加しており、陶芸界ではとても著名人であった。

こんなすべてにおいて素人のぼくと喋ってくれるなんて、やっぱり優しい人だ。


だが、陶器は高すぎて買えません。

だから、今度展示会があったらぜひ見に行こうと思う。

DPP_0927


大きな地図で見る

ADDRESS 富山県滑川市田林21
TEL 076-474-1100
OPEN おじさんがいるとき
CLOSE おじさんがいないとき

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る