パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

可愛くてお手軽!富山のお土産にぴったり「富山の物語BOX」

県外の人にお土産を渡すときに、なにをあげればいいのか悩むサンソンです。


突然ですが、富山県のスイーツと言えば、なにを思い浮かべるでしょうか?

いろいろなスイーツがありますが、その中でも富山県内で先駆けてスイーツを作ったお店。

富山のスイーツ専門店「リブラン」

スポンサードリンク

そんな富山を代表するスイーツ専門店から可愛い富山のお土産があります。

それがこちら。

dpp_2344

富山の物語BOX「越中富山の薬売り」

まず、箱が可愛いですよね。

imgrc0067889995
画像引用 リブラン「越中富山の薬売り」より

しかも、値段が1200円とお土産にリーズナブル。

今、プチギフトとして大人気なのです。

dpp_2345

中身はこのラインナップ。

いろんな富山の銘菓が入っているよう。

ちょっと広げてみましょう。

dpp_2346

ちょっとアフタヌーンティー風に撮ってみました。

がんばって撮影したのですが、自分でも、その、ちょっと笑ってしまいました。

うん、全然アフタヌーンじゃない。


ということで、実際にどんなお菓子なのか食べてみましょう!

dpp_2348

まずは、王道の「甘金丹」

もう、お菓子の殿堂入りくらいの美味しさ。

カスタードクリームが、至福のひととき。

dpp_2347

続いて、「いもう富」

ネーミングがアレですが、サツマイモの味が甘く、チーズの塩味もアクセント!

dpp_2350

こちらすごい名前の「売薬さん」

白餡を包んだ饅頭ですが、どこが売薬なのかわかりません。


ということで、こちらの富山の物語BOX。

いろんなパッケージのデザインがあるよう。

こんな種類あるんだ。




中のお菓子もさることながら、パッケージも可愛い「富山の物語BOX」

ぜひ、お土産に困ったら買ってみてください。

dpp_2349

あとのお菓子は、富山感はないけど普通に美味しかったよ。

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »