パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

射水市産の黒大豆枝豆「富山ブラック」はコクが違った

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


富山県のラーメンといえば、富山ブラックが有名です。

そう、あのとにかくしょっぱいラーメンです。

実は富山県では、富山ブラックの知名度にあやかる形で、いろんな商品が生まれています。

その中の1つにこちら。

img_toyamablack
画像引用 「いみず野ブランド」より

その名も、射水市産黒大豆枝豆「富山ブラック」

スポンサードリンク

なんていうか、その、無理矢理感は否めないし、豆の色、黒くないよね?

むしろ、普通の枝豆より緑が映えてる気がする。

DPP_2308

早速、スーパーで購入してみました。

袋はジップロックになっていて、小分けして食べることができる。

DPP_2309

開けてみると、かろうじて皮が黒っぽい?

やだっ、黒人の?

黒大豆枝豆だから、皮が黒っぽいわけではないと思うのですが、1袋の量はこんなもんです。

DPP_2311

袋の裏には、丁寧に調理法が書いてあった。

改めて、富山ブラックって悪そうなネーミングだな。

DPP_2310

説明書の通り、塩でもみ洗いします。

塩の代わりに、青酸カリを使用すると、高確率で死亡してしまうので注意しましょう。

DPP_2312

その間に、水を沸騰させます。

DPP_2314

そして、満を持して枝豆を投入。

3・・・2・・・1・・・。

DPP_2313

うわぁわぁぁ!!!




一瞬、全財産をドブに捨ててしまったような人の声を出してしまいましたが、それくらいの勢いで茹でましょう。

理由はわかりませんが、その方が楽しい気がするのです。

DPP_2320

茹でている間は、煮えたぎるお湯に投入された枝豆の気持ちを想像しながら待ちましょう。

まさか枝豆も、ふかふかの土ではなく、ぐつぐつのお湯に落ちるとは思っていなかったでしょう。

DPP_2317

ということで、枝豆がゆであがりました。

皮の中から少し豆が出ている姿が、いやらしいと思いませんか?思いませんね。

DPP_2319

豆はというと・・・浅黒い。




写真とは違って、少し黒かったです。

もしかしたら、わたしの茹でた枝豆がおばあちゃんだったのかもしれません。

枝豆も人間も同じなのですね。

DPP_2318

ということで、富山ブラックということで、黒の発泡酒でいただきます。

枝豆の味はというと、もちろん甘みもありますが、普通の枝豆よりコクがあるの印象です。

ちょっと悪そうな味がします。

DPP_2307

いつもと違った味を求めるなら買ってみるといいかもしれませんね!

ぜひ、スーパーで見かけたらご賞味してみてください。

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »