パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

あのミロのヴィーナスが富山県にも!?第6回「銅像評論会」

DPP_1448

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


さて、やってきたのは小矢部市の「宮島峡」

ここには、メルヘンの国「小矢部市」にちなんで、様々な銅像があるのです!

DPP_1446

それが、こちら。

一見、顔面と腕のない妖怪のような銅像ですが、どこかで見たことありませんか?


あと、実は顔面は木の枝で隠れているだけです。

DPP_1447

そう、これはパリのルーブル美術館にある「ミロのヴィーナス」

歴史の教科書にも載っている芸術作品だ!


違いがあるとすれば、本物の材料は大理石ですが、こちらは銅であり、富山県であり、歴史がないこと。

というか、偽物。

スポンサードリンク

DPP_1448

しかし、その美しさは健在。

なんか酸性雨で一部分やられてしまっているかもしれませんが、美乳。

img1468753475701




歴史的美乳です。


うん、ちょうどご飯一合くらいですね。

てか、そもそもこの銅像はなんなんですかね?

DPP_1445

「永遠の像」


タイトルは、ミロのヴィーナスではなかった・・・。

ただ、形状は同じのようだ。

原作が、紀元前200年ごろとか、もう著作権もクソもないですね。

DPP_1449

おしりも忠実に再現。

何人の人が、この布を脱がそうと思ったことでしょうか。


ということで、評価は・・・。

美しさ ☆☆☆
芸術度 ☆☆☆
タイトル
ミロのヴィーナス度 ☆☆☆☆☆

これ見て、なんか本物見に行こうって気にはなりませんね。

次回もこうご期待!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。
成功の反対は失敗ではない。挑戦しなかったことである。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »