パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

アニメを描いたりアフレコも!P.A.WORKSが協力した企画展開催

どうも、Toyama Media Creatorのサクラです。


突然ですが、みなさんはアニメの制作現場やアニメができるまでの過程に興味はありませんか?

実は今、南砺市のアニメ制作会社「ピーエーワークス」や日本動画協会などと協力してある企画展が行われています。

それが、高志の国文学館で行われている「面白い箱」

l_nt16paworks
「P.A.WORKS 公式サイト」より画像引用

展示展では、アニメスタジオを展示室の中に再現。

作品が生まれるまでの過程をたどりながら、アニメ制作の舞台裏や作品作りへの情熱・ワクワク感が伝わってきます。

アニメの絵を描いたり、映像に声をあてる「アフレコ」に挑戦できたりと、体験コーナーも充実。

スポンサードリンク

開催時期:2016年7月9日(土)~10月10日(月・祝)

開館時間:9:30~18:00(展示室の入室は17:30まで)

場所:高志の国文学館

休館日:毎週火曜日

観覧料金:一般500円 大学生400円

また、高校生以下、各種障害者手帳をお持ちの方は、無料となっています。


わたしもP.A.WORKSの富山県を舞台にした「true tears」など、様々なアニメを見ましたがどれも本当に』最高です。

ぜひ、夏休みなどに行ってみましょう!

この記事の著者

SAKURA右足のくるぶし

1988年生まれ。
おっぱいが大好き。
ふざけた文体が目につきますが、本人はいたってふざけております。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »