パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

デザイン何でもアリ!?「砺波夜高祭」に行ってきた

KIMG0738

こんにちわ、ぎゃっぴーです。


みなさんは、砺波市の夜高祭をご存知でしょうか?

夜高祭とは、大正時代より行なわれている田祭りであり、夜高行燈を激しくぶつけ合い、壊し合う「突き合わせ」が行われることから、喧嘩祭りとも言われています。

KIMG0740

近くで見ると、かなりの迫力があり、「ヨイヤサー!」という掛け声も聞こえてきます。

夜高行燈には、各町若頭がおり、その威勢のいいマイクパフォーマンスも1つの見もののとなっている。

KIMG0739

可愛らしさと格好良さを兼ね備えた立派な山車たち。

一見、素晴らしい和風芸術のように見えますが、よくよく見てみると、私はある発見してしまったのです。

スポンサードリンク

それは・・・。


KIMG0745




ヌーピー?


可愛い。

確かに可愛いけど、ヌーピーは夜高祭に関係あるのだろうか。

続いて見てみると・・・。

KIMG0747

ネズミーじゃないですか。

この記事を書いている私もいつか消されるかもしれません。


しかも、黒いネズミと黄色いネズミでまさかのネズミコラボ、夢の共演です。

KIMG0748




もう理解不能です。


近くの人に聞いてみると、どうやら子どもたちが作成する行燈のようで、なるほどと思いました。

DPP_2177

ただ、この夜高行燈は、行燈を出す町内の人達によって手作りで製作されます。

彼らの暖かい思いで作られているのですね。


ということで、みなさんも遠くからでも近くからでも楽しめ、毎年6月第2金曜、土曜の2日間に行われる。

砺波夜高祭に来てみてください。

この記事の著者

gatspy

ぎゃっぴーじゃありません。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »