パートナー枠

フェイスブック

ツイッター

とやまんが日和みてね!

sndn

全国からクラフトが集まる!立山Craft 2017に行ってきた

雄大な立山連峰に抱かれ、豊かで穏やかな田園が広がるこの土地の魅力を感じてほしい。

クラフトという文化がより根付いて欲しい。

そんな想いから始まった「立山craft」


画像引用 「立山クラフト ホームページ」より

去年に引き続き、第3回目となる立山クラフト行って来ました。

今年から、シャトルバスが運行されたり、マイカー来場者のには¥500を集める事となった去年から変化もあった立山クラフト。

さっそく今年の様子をアップします。

まず会場に到着すると、富山Tシャツアート展がお出迎え。

今年は、富山の遊び場!もTシャツを作ったので、さっそく探してみましょう。

柄にもなく、ハートをウォーミングなTシャツがヒラヒラと風に舞っていました。

うん、いい感じ。

そして会場には、沢山の人で賑わっていました。

去年の立山クラフトで買おうか悩んでいた作品に1年越しに出会えたりと楽しいが止まらない!!!

買うだけでなく、ワークショップなども沢山あります。

私も椅子作りたかったけど、何せ自分不器用ですから…

ここで、欲しいと思うもの全部買ったらいくらになるんだろうと妄想が止まりません。

ちなみにここ数ヶ月「立山クラフト貯金」をしていました。去年買わずに後悔したものが買えて大満足!!

子供連れのファミリーも沢山!!!

トランポリンやスラックラインなど無料で楽しめる場所もあります。

音楽ブースも、やっぱり素敵!

第3回を迎えた立山クラフト。
クラフト出展は77ブース、フード出展は18ブースと去年よりも増え、進化している立山クラフト。
作家さんと直接話せるのも魅力です。

立山クラフト2017は、本日5月27(土)と明日5月28日に開催されています。

     

ADDRESS 富山県中新川郡立山町野沢1番地立
山町総合体育館
OPEN 5/27 10:00-17:00
5/28 9:00-16:00
Parking あり(車1台につき500円)

この記事の著者

SANSON

SANSON

太平洋育ちが2011年に富山へ移住!
雨乞いならぬ日照り乞いを職業として常に富山の鉛色の空と戦っています。
富山の曇り空に暴言吐いている人を見かけたら間違いなくそれは私、サンソンです。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る
Translate »